スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2017年10月13日(金)

国宝展と京の名工展

[ 02. 社長のつぶやき ]

京都国立博物館では「国宝」展。

京都文化博物館では「京の名工」展が行われています。

先ずは「京の名工」展へ。

名工展2017.jpg

ここ数年毎年拝見しています。

私にとっては仏具以外の伝統工芸の職人さんの仕事を見る事が出来る良い機会の展覧会です。

そして「国宝」展。

国宝展.jpg

展示全てが国宝ということもあり大人気です。

テレビや書籍などで一度は見た事のある超有名な物ばかりです。

当然館内は大混雑。

仏像や掛軸などは少し離れた所からでも見えるのですが、巻物や箱物などの小さな物は最前列の方しか見る事が出来ません。

何とか工夫していただき、より多くの方が実物を直接見る事が出来れば嬉しいと思います。

ちなみに朝は混雑しているそうで、夕方が少し空いてるそうです。

  • 7:32 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年10月11日(水)

お仏壇の引き取りと処分

[ 02. 社長のつぶやき ]

お仏壇の引き取りが続きます。

跡を見ていただく方が無い為、処分のご依頼をいただきました。

下見に伺いますと2階の階段が通りません。

安全を考慮して分解することにしました。

引き取り.jpg

約30分で分解が終了しました。

金仏壇だったのできれいに分解出来ましたが、唐木仏壇の場合は残念ながら強引に分解するか窓から下ろす事になると思われます。

最近特に多くなった古いお仏壇の処分。

今後も増えていきそうです。

  • 8:35 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年10月10日(火)

数珠の日

[ 01. 今日の出来事 ]

本日10月10日は数珠の日。

数珠は「数珠(じゅず)」や「念珠(ねんじゅ)」と呼ばれています。

「法具(ほうぐ)」と言われる仏教で使う道具の中で、一番広く行き渡った法具の一つだと思います。

男性用、女性用、お子様用。

各宗派の本式、略式などがあります。

また、お葬式用に黒、法事用に白や色付きなど地域によっては厳格に決まっているそうです。

そんな数珠を本日は「数珠の日」にあわせて、特別価格にてご提供いたします。

数珠の日.jpg

また、京都では毎年11月23日に「数珠供養」を行っています。

新しく数珠を買い換えられた場合、古くなった数珠をお持ちいただければ当店が責任を持って「数珠供養」でお焚き上げしていただきます。

  • 8:26 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年10月 9日(月)

部門研修2017

[ 02. 社長のつぶやき ]

当店が所属しています京都府仏具協同組合では一年を通して色々と事業があります。

大きなところで言いますと、古いお仏壇をお焚き上げする「仏壇供養会」。

各店舗が製作しています仏壇仏具を披露する展覧会「京仏壇京仏具展」。

この二つは一般消費者向けの事業となりますが、組合員向けの事業も沢山あります。

その中で今一番楽しみにしているのが、仏壇仏具を製作する各工程毎の職人さんが講演をしてくださる「部門研修」です。

研修会2017-1.jpg

普段多くの人の前で話す機会の無い職人さんが、一生懸命仕事の内容について話をしてくださいます。

今年で3年目?になるとおもいます。

最初は資料もなく、ただただ話を聞いているだけだった研修会も3年目になりますと、仕掛品の実物を手に取りスライドを見ながら資料に目を通すという、各段にレベルアップした研修会になってきました。

仕事が終わってからの2時間なので睡魔と戦う事もしばしばありますが、私にとっては大変楽しい一時です。

  • 7:28 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年10月 4日(水)

お仏壇の引き取り

[ 02. 社長のつぶやき ]

お仏壇を引き取りに島根県益田市に伺いました。

高速道路を降りて山道を走る事6時間。

益田市.jpg

全国色々な所へ行きますが、家の形や屋根の色でその土地のイメージが私の中で出来上がります。

一面赤茶色の瓦がとても印象的です。

片道6時間なので無理をすれば帰れるのですが、折角ここまできたので出雲大社にお詣りに行きました。

出雲大社1.jpg

大きな鳥居を見ますとお詣りに来た感がぐんぐん増してきます。

出雲大社2.jpg

出雲大社3.jpg

早朝の雨でお詣りの人も少ないかなと思っていましたが、予想以上に沢山のお詣りがありました。

最後に寄ったのが、島根県立古代出雲歴史博物館。

出雲大社5.jpg

後のケースを見たときには、どこかの刃物屋さんのショールームかと思うぐらいにきれいな陳列です。

ボリュームのある展示内容とエリア毎に常駐されている女性のスタッフさんが丁寧に展示品の説明をして下さったので満足した博物館でした。

  • 7:45 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る