スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2018年4月24日(火)

本堂のお掃除

[ 02. 社長のつぶやき ]

本日は初代の浅治郎さんの時代からお世話になっています、浄土宗のお寺様の本堂のお掃除をしました。

月末に本堂にて結婚式をされることになり、照明器具など普段出来な所もきれいになりました。

IMG_5467.jpg

赤茶けた照明灯の火袋。

IMG_5468.jpg

写真では解りにくいかもしれませんが、かなり油がこびり付いていて大変な作業でした。

今年のゴールデンウィークは3件の結婚式があります。

おめでたい事なのでうれしいかぎりです。

そのため5月3日の木曜日は祭日ですが、家内と結婚式に出席しますのでお店はお休みさせていただきます。

ゴールデンウィーク5月3日以外の祝日は営業しておりますのでご来店お待ちしております。

  • 18:23 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年4月22日(日)

現代仏壇「ソリア ダーク」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都府内のお客様宅へ、
現代仏壇「ソリア ダーク」を納品してきました。

IMG_0193.jpg
畳の上に設置

20号の唐木仏壇から買い換えのお客様。
特に、古いお仏壇から「この仏具を使って欲しい」
と言う要望が、お世話をしていた祖母様、
菩提寺様からも無かったので、全て新規で購入されました。

IMG_0194.jpg
斜めから

扉を手前に倒して本体に少し押し込むと、
その部分が膳引きになる構造で、
扉が横開きしない分、かなりスリムな使い方が出来るお仏壇です。

IMG_0195.jpg
お膳がズレてしまいました

宗派は浄土宗様。
位牌は、ラムダ2 レッド3.5寸。
五具足も赤色にされて、本体のダーク色との組み合わせが素敵です。

納品時、お客様の子供達が、何の抵抗もなくお仏壇に近寄って、
これは何? あれはこうする物?と、色々質問されているのが印象的でした。
ありがとうございました。

「ソリア ダーク」
材質:ナラ
高さ:120.0㎝
前幅:35.0㎝
奥行:35.0㎝
本体定価:¥280,000(税抜き)

ライト色仕様の「ソリア ライト」もございます。

  • 17:19 | 投稿者: 田畑

■ 2018年4月16日(月)

唐木仏壇の納品 その144

[ 06. 唐木仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_0197.jpg
立派なタンスの横に

国産16号サイズ、楠製のお仏壇です。
あまり無い色味と、楠の木目が特徴的なお仏壇です。

IMG_0198.jpg
掛け軸のサイズは50代

宗派は浄土真宗本願寺派(お西)様。
掛け軸は本山受けをされました。
16号サイズのお仏壇ですと、30代か50代サイズ、
どちらでも入る事が多いので、お客様のお好みになります。

後日、仏間用スダレを取り付けて、より良い見栄えになる予定です。
ありがとうございました。

  • 9:06 | 投稿者: 田畑

■ 2018年4月15日(日)

現代仏壇「アルデバラン ライト」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「アルデバラン ライト」を納品してきました。

IMG_0186.jpg
リビングの一角に設置

ダーク色しかなかったアルデバランでしたが、
去年新しくライト色が加わりました。

IMG_0190.jpg
フローリングと壁紙にマッチ

閉じると柱状になる構造などはそのままで、
配色がライト寄りになっています。
マットなホワイトが良い仕上がりです。

IMG_0187.jpg
フラッシュ焚き忘れです

宗派は浄土真宗本願寺派(お西)様。
柘植製の木像を迎えられ、シンプルなお飾りになりました。
普段は、扉両脇の花立を使用して、華やかなお飾りになると思います。
ありがとうございました。


「アルデバラン ライト」
材質:人口突板・MDF・ステンレス
高さ:110.0㎝
前幅:40.0㎝
奥行:40.0㎝
本体定価:¥500,000(税抜き)

  • 8:47 | 投稿者: 田畑

■ 2018年4月 8日(日)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺4寸(京都市M様)その1

[ 15.仏壇修復 ]

お仏壇をお引き取りして同時に本堂の内装工事が始まったので、なかなか分解することが出来ませんでしたが、昨晩から分解し始めました。

IMG_5416.jpg

分解しながら、木地の取り替え箇所、組み立ての仕方などをチェックしていきます。

何も無ければ1時間ほどで大まかな分解は出来ます。

IMG_5417.jpg

ここから部品に付いている錺金具を外していきます。

  • 7:33 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る