スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2018年3月25日(日)

金メッキのオススメ

[ 10. オススメ仏具 ]

年に数回、お仏壇の吊り物である「輪灯」の金メッキを承る事があります。
仏具写真の整理中、金メッキ前、金メッキ後の写真が出てきましたので、
ご紹介します。

IMG_4705.jpg
金メッキ前、全部品。
真鍮製 磨き仕上げ、長鍵、5寸の菊輪灯です。

IMG_4706.jpg
ローソク球の付いた蓮型電球を付けていたせいで、
上記のお皿や五徳、押さえを紛失しているパターンがありますが、
このお客様はそのまま使用されていました。
無くなっている場合は、同じ寸法の物を新規用意する事も出来ます。

IMG_4709.jpg
傘もかなり変色しています。
昔は金属磨きで磨いていたけど、年を取って・・・
そんなお客様からのご依頼でした。

・・・約1ヶ月後。
IMG_2639.jpg
全ての部品がピッカピカになって戻って来ました。

IMG_2640.jpg
新品その物です。

IMG_2641.jpg
傘表面に背景が写り込むほどの輝き。

お時間はいただきますが、新調するよりかは若干お安く仕上がりました。
サイズが大きくなるほど、お得だと思います。
この後、お客様宅へ配達して、灯篭も込みでLED化して完了でした。

輪灯・灯篭・瓔珞をキレイにするだけでも、
お仏壇の雰囲気が劇的に変わりますので、
何かの節目に合わせて、ご検討いかがでしょうか。

  • 8:56 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月23日(金)

唐木仏壇の納品 その143

[ 06. 唐木仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_0146.jpg
納めたお家は新築です

国産、18号サイズ、本黒檀、四方練りの高級品です。
和室の板間に設置しました。

IMG_0149.jpg
輪灯瓔珞を吊って本式に

宗派は、真宗大谷派(お東)様。
ご本尊は元々お持ちだった物がピッタリ収まり、
五具足はお預かりして金メッキ仕上げにしました。
その他仏具は新調です。

IMG_0148.jpg
後日、仏間用スダレを掛けます

お母様の思い入れある前の仏壇は、新築宅には入らない。
けど、和室に幅75㎝・奥行90㎝の板間は確保したから、
今のご本尊が入る良いお仏壇を、との事で選んでいただきました。
もう一度、仏間用スダレの取り付けに伺います。
ありがとうございました。

  • 15:40 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月23日(金)

堂本印象と明治150年

[ 02. 社長のつぶやき ]

まずは堂本印象美術館です。

IMG_5235.jpg

リニューアルオープン展覧会ということで、今回初めて見に行きました。

作品名「訶梨帝母(かりていも)」は鬼子母神の持つ柔和な母の姿が描かれています。

仏教画はどれも非常に淡い色合いが美しい作品ばかりでした。

堂本印象美術館の次は京都国立近代美術館で行われています「明治150年展 明治の日本画と工芸」を拝見しました。

IMG_5236.jpg

近年非常に盛り上がっています(私だけ?)「超絶技巧」です。

今回も時間を忘れて単眼鏡で見入っていましたが、新たに私好みの作品を発見しました。

展覧会ごとに小出しにされて出てくる作品の中に、自分好みの作品を探す楽しみが増えました。

次の展覧会がいつなのか、待ち遠しく思っています。

  • 8:05 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年3月20日(火)

金仏壇の納品 その95

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

・現在お持ちのお仏壇本体を新しくしたい
・現在使用している下台はキレイなのでそのまま使いたい
・お洗濯や簡単な洗いをするには待てない

と言う事で本体のみ、今あるお仏壇とほぼ同サイズのお仏壇を、
新規購入する事になりました。

IMG_0140.jpg
まず、現在のお仏壇。
31年前購入で、そこまで本体は痛んでいませんでしたが、
ろうそくや線香で煤けた本体と欄間。
本体側面や大柱の金箔に、擦って剥げた後が目立ちます。

IMG_0141.jpg
そして、新規に納めたお仏壇。
幅は同じ、総高さは1㎝違いのお仏壇になりました。
仏具は灯篭・瓔珞以外はそのまま使用したので、
パッと見はほとんど変わりませんが、
いつも使われているお客様は、その輝きに満足されていました。

IMG_0142.jpg
ご本尊も虹梁に隠れることなく、高さ関係申し分なしです。

「3月中に全て揃えて、6月にある法事を何も悩むことなく迎えたかった」
応える事が出来て良かったです。
ありがとうございました。

  • 9:12 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月19日(月)

金仏壇の納品 その94

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_0136.jpg
窓を背にして明るめに

国産、13号サイズ、上置き金仏壇。
下台は、家具調仏壇に使われるダーク色の物を合わせられました。
総高さ約110㎝で、購入されたお母様が座って手を合わせると、
ちょうど良い高さになりました。

IMG_0138.jpg
瓔珞は省略

宗派は、浄土真宗本願寺派(お西)様。
阿弥陀様を桧の木像、両脇侍を20代サイズの掛け軸にされました。
かなりの割合で本山受けの方が多いですが、
個人的にはこの組み合わせが好きです。

IMG_0139.jpg
大きめな膳引きがポイント

同じ黒塗りの下台は無かったのですが、
お客様は膳引きが出る下台を気に入られて、
家具調ダーク色の物を合わせました。
お仏壇のサイズから、どうしても小さめの供笥になるので、
普段はこの上に大きめの供物台を置いて使われる感じになります。

こちらのお仏壇は障子付きになりますが、
障子無しのバージョンも製作可能です。
オーダーで専用の下台を作ることも可能ですので、
興味のある方はお問い合わせ下さい。

  • 8:42 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る