スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2018年6月22日(金)

繕い

[ 02. 社長のつぶやき ]

お仏壇を永年お使いになると、所々に当たり傷が出来ます。

金箔が剥がれた場合などは、1,2回お伺いすれば直るのですが、塗装が剥がれた場合はなかなか簡単にはいきません。

傷により作業工程は大きく変わりますが、今回は本漆を使った繕い(修復)をしました。

IMG_0353のコピー.JPG

傷のある箇所をペーパーで軽く研ぎます。

IMG_0360のコピー.JPG

マスキングテープで養生し、錆下地をします。

IMG_0398のコピー.JPG

錆下地を水研ぎし、その後場所により黒色あるいは弁柄色の漆を塗ります。

IMG_0408のコピー.JPG

漆を塗っては研ぐを繰り返します。

欅などの場所は弁柄漆の上に透け漆塗ります。

IMG_0489のコピー.JPG

最後に磨き上げて完成です。(ちなみに今回は合計7回お伺いしました。)

どうしても繕いですので、漆の色が少々合わない事や漆を塗った所が盛り上がったりします。

完璧を求められる場合はすべて塗り直しをしないときれいにはなりませんので、「目立たないくらい」に直したい場合は繕いで良いと思います。

  • 18:20 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年6月20日(水)

18日の地震 その後

[ 14.田畑の独り言 ]

18日朝の地震。
大阪の高槻市震源で、京都南部は震度5強。
停まった車内に居ましたが、短時間ながらかなりの揺れで、
店内の商品も少し倒れたりしていました。

IMG_0522.jpg

お店は大したことはなかったのですが、
自身の住んでいる付近が震度6弱なのもあって、
少し早めにお仕事を切り上げさせてもらって帰宅。
道中、高速の下道で緊急点検をしていたぐらいで、
何事もなく帰ることが出来ました。

恐る恐る自室に入ると・・・

IMG_0517.jpg

ゲーム部屋のラックからソフトが少し散乱してたり、

IMG_0518.jpg

某ゲームのフィギュアがケースの中で転けてたり、

IMG_0519.jpg

PCモニタが斜めになっていたり、
そこまでは酷くなくて安心しました。
落ちた物を一旦床に置いて、当分過ごすことに。

翌日、近所のスーパー。

IMG_0520.jpg

IMG_0521.jpg

水とお茶の棚はほぼ全滅状態でした。

程度は軽かったですが「明日は我が身」が、
こんな身近で起こるとは・・・状態ですので、
皆様、色んな準備を怠らずに過ごしましょう。

  • 8:23 | 投稿者: 田畑

■ 2018年6月15日(金)

唐木仏壇の納品 その148

[ 06. 唐木仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_0376.jpg
奥行ピッタリ

国産、15号サイズ、黒檀薄板張り仕様。
床の間の右側に設置しました。

IMG_0374.jpg
法事用のお飾りです

宗派は浄土宗様。
柘植製の阿弥陀如来様を迎えられて、
その他仏具もオーソドックスなお飾りで。

お客様は、お寺様の本堂で法事をされるとの事でしたので、
ご本尊とお位牌をお寺様へ持参する箱を置いてきました。
特にお仏像は、輸送中に破損しないよう、
綿と、しっかりとした箱を用意しますので、
遠慮無く申し出て下さい。
ありがとうございました。

  • 10:19 | 投稿者: 田畑

■ 2018年6月12日(火)

現代仏壇「フェンネル ライト」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「フェンネル ライト」を納品してきました。

IMG_0370.jpg
下台と組み合わせて

天袋のある押し入れに設置しました。
私は初めてだったのですが、
取り外し式の中段のある押し入れで、
仏間にもなりますよ、そんな構造だそうです。

IMG_0372.jpg
掛け軸はスタンド型

宗派は浄土真宗本願寺(お西)様。
掛け軸・六具足・過去帳・供物皿・お鈴と、
シンプルな仏具なのは、お西さんならでは。

お仏壇の「フェンネル ライト」は、
扉がガラス製になっていて、着せ替え用の和紙を挟み込んでいます。
下台の「スポットⅡ ナチュラル」との組み合わせも、色味バッチリです。
ありがとうございました。

「フェンネル ライト」
材質:アルダー・シルバーハート
ウォールナット・ガラス・美濃和紙
高さ:54.0㎝
前幅:43.0㎝
奥行:36.0㎝
本体定価:¥270,000(税抜き)

ダーク色仕様の「フェンネル ダーク」もございます。

  • 8:40 | 投稿者: 田畑

■ 2018年6月 9日(土)

伝統技法による金仏壇の修復 1尺8寸(京都市B様)その6

[ 15.仏壇修復 ]

組み立てです。

DSCN0011のコピー.jpg

DSCN0015のコピー.jpg

DSCN0029のコピー.jpg

ここまでで約2日。

仮組をしてあるので順調に進みます。

DSCN0038のコピー.jpg

雨戸に1日。

DSCN0042のコピー.jpg

障子に1日。

DSCN0046のコピー.jpg

完成です。

修復のお仏壇ですので、微調整を繰り返しながらの組み立てになります。

そしてお客様宅に納品します。

DSCF9121.jpg

分野は違いますが同じ伝統工芸の仕事をされているお客様でしたので、色々とお話しいただき非常にためになりました。

  • 12:48 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る