スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2018年5月 8日(火)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(大阪府Y様)その7

[ 15.仏壇修復 ]

お仏壇には色々な仕様があります。

木地の種類、漆の色や技法、金箔を押す箇所、蒔絵の技法などなど、

今回は金箔を押す箇所。

下の写真のような京仏壇の場合、障子(内側の扉)は框が黒、内側の面は金箔です。

DSCF5339のコピー.jpg

今回修復しているお仏壇は大阪仏壇ですので障子は框も金箔押しです。

箔押し1のコピー.jpg

框に金箔押し用の漆を塗り少しおきます。

頃合いを見て漆を均一にのばします。

箔押し3のコピー.jpg

箔箸で金箔をとり、框を押します(貼ります)。

箔押し4のコピー.jpg

押し終えたら、真綿で軽く押さえます。

接着剤が漆なのでここで一旦室(むろ)に入れ漆を硬化させます。

再度取り出し真綿で整え仕上げます。

簡単に書きましたがその日の天候で漆の乾き具合が変わりますので、その都度接着剤となる漆の調合を変えたり加減を取りながらの作業となります。

安価な方法の場合は接着剤が漆ではなく、「ブラック」と呼ばれています科学塗料の接着剤になりますので、接着剤をガンで吹き付けるだけで「均一にのばす」「室に入れる」などの工程がありません。

ブラックは工期が短く、費用も安く抑えられますが、金箔の強度は漆とブラックでは全く違います。

金箔の仕上がりは比較出来ますが、今のところ強度を比較出来ないのが残念です。

  • 8:36 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年5月 7日(月)

唐木仏壇の納品 その145

[ 06. 唐木仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_0215.jpg
お部屋の一角に

国産 16号 3方厚板張り 栗製のお仏壇です。
明るい色の本体がお好みで、楠製の物と悩まれましたが、
こちらの栗製になりました。
写真手前のお経机も、同メーカー製の栗製です。

IMG_0217.jpg
オーソドックスなお飾りです

宗派は浄土宗様。
お経机以外は、特に変わった仏具はありませんが、
ご本尊やお位牌は、彫りの良い物を選んでいただきました。
ありがとうございました。

  • 9:49 | 投稿者: 田畑

■ 2018年5月 5日(土)

5ヶ月ぶりの延暦寺

[ 02. 社長のつぶやき ]

本日は昨年末以来の延暦寺さんへ伺いました。

IMG_5572.jpg

今日は仕事の下見です。

私が伺ったお堂は駐車場から山道を徒歩で10分ほど掛かる場所で、普段は熱心な信者さんしか見かけない所だそうです。

ゴールデンウィーク中のとっても良い天気だった今日は、この場所も沢山の方々お越しになっていました。

法要まであまり日数が無いので、明後日には職人さんに発注したいと思います。

  • 19:17 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年5月 4日(金)

10年振り2度目の萬福寺

[ 14.田畑の独り言 ]

昨日、祝日ながら店休日だったので、
10年振りに、宇治は萬福寺へ行ってきました。

IMG_0278.jpg
立派な山門

目的は「普茶料理」と呼ばれる精進料理。
食べる時間が来る前に、境内を散策。

IMG_0279.jpg
10年前は柵無しでした

魚梆(かいぱん)と呼ばれる木魚の原型。
ちょうど、10時半のお務めで、お若い僧侶さんが叩いていました。

IMG_0280.jpg
少しのんびりした作業

修復工事現場では、木製の足場を組んで作業をしていました。

IMG_0282.jpg
おヘソがセクシー

布袋様。
実はスキンヘッドじゃなく、後頭部に髪がある造りに気付きました。

IMG_0281.jpg
布袋様の裏におられます

韋駄天様。
中国風な彫りと装飾がかっこいい。
意外とどっしりしたバランスです。

IMG_0284.jpg
目を疑う品種

色んな場所で蓮甕が置いてありましたが、
「にぎりめし」「国道24号」「ヘリ基地」など、
面白い品種の蓮があって楽しめます。

IMG_0286.jpg
完全予約制です

11時半より、お寺の北西にある建物で、普茶料理をいただきました。
精進料理なだけにお肉とお魚は一切ありませんが、
意外としっかりした味付けと、少量多種な料理で大満足でした。
上の写真中央、茄子の田楽と、
左の湯葉酢味噌和えが特に美味しかったです。

IMG_0287.jpg
わらび餅と柏餅は季節限定

帰りは、八幡市の石清水八幡宮鳥居前にある「走井餅」で休憩。
先月納品した、八幡のお客様からいただいた走井餅(写真左端)がとても美味しかったので。
わらび餅も柔らかくて大変美味しかったです。

京都市内のお寺や、宇治でも平等院は観光客だらけですが、
萬福寺は全然そんな事もなく、ゆったりとした時間を過ごせる穴場です。
中国様式な建物、仏具や調度品も新鮮で、何度訪れても面白いお寺だと思います。

IMG_0285.jpg
お土産は魚梆の文鎮で

  • 8:50 | 投稿者: 田畑

■ 2018年5月 3日(木)

春の古書大即売会

[ 03. 京の毎日 ]

現在京都みやこメッセで「春の古書大即売会」が行われています。

IMG_5524.jpg

前々からどうしてもほしかった古書が見つかり、とてもラッキーでした。

5日まで行われていますのでお時間があれば一度行ってみるのも良いですよ。

  • 8:01 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る