スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2017年6月18日(日)

梅雨入り?

[ 02. 社長のつぶやき ]

京都では梅雨入りしているとは思えないほど良いお天気が続いています。

そんな夕暮れの西本願寺がきれいでした。

本山1.jpg

  • 7:23 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年6月15日(木)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺7寸(滋賀県S様)その1

[ 02. 社長のつぶやき ]

木地直し1.jpg

現在修復の為お預かりしています大型仏壇です。

今回の御仏壇も少し珍しい形をしています。

先ずはいつものように細部の写真撮影。

その後分解に掛かります。

木地直し2.jpg

当店に来るまでに既に2回の修復がされているようです。

細部の状態を確認しながら分解を進めていきます。

  • 8:37 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年6月12日(月)

親鸞聖人六百五十回大遠忌法要

[ 02. 社長のつぶやき ]

2011年(平成23年)4月9日〜2012年(平成24年)1月16日までお勤めされました「親鸞聖人七百五十回大遠忌法要」から早くも5年が経ちました。

また昨年より今年5月末までは第25代専如御門主の伝灯奉告法要が営まれました。

そんな最中、お隣のご主人からおもしろい情報をいただきました。

その情報とはヤフーオークションに「親鸞聖人650回大遠忌法要」のポスターが出ているということでした。

私はまったくオークションをしたことがなかったので、田畑君にお願いして入札してもらいました。

六百五十回忌ポスター-1.jpg

御影堂前の境内は人で埋め尽くされ、特設会場のような「高廊下」や「棟廊下」が設置され、中央では「舞楽臺」があり舞楽を舞う様子が描かれています。

このポスターの信憑性は定かではありませんが、「内務省御届済」なる文言もあります。

明治44年に印刷されたそうで、浅治郎さん1歳の時だと思います。

オークションには、おもしろうそうな物が出ているそうですが、はまったら怖いので今はやめておきます。

  • 16:31 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年6月 4日(日)

伝灯奉告法要を終えて

[ 02. 社長のつぶやき ]

昨年10月から今年5月末まで執り行われた「第二十五代専如御門主伝灯奉告法要」が無事に終わりました。

当店も本願寺北境内地にて、仲良くさせて頂いている門前町の仏具店さん達と協同でお店を出店する事が出来ました。

北境内地.jpg

昨年夏頃から色々と準備を整え、10期80日間試行錯誤を繰り返しながら先日5月末までこのテントで楽しく仏具の販売をさせていただきました。

第8期からは御本山のライトアップも始まり、私も家内といっしょに拝観させていたきました。

ライトアップ西1.jpg

唐門前で受け付け。

ライトアップ西2.jpg

長蛇の列でしたので入場出来るまで龍谷大学にて休憩。

ライトアップ西3.jpg

書院の拝観を終えて飛雲閣へ。

ライトアップ西4.jpg

最後に御影堂にて焼香をさせていただきました。

無事に終わったと言う事で、貯まっている仕事を徐々に片付けていこうと思います。

疲れましたが楽しく過ごせた80日間でした。

  • 8:41 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年5月27日(土)

家具調仏壇の納品 その7

[ 16.家具調仏壇の納品 ]

先日、市内のお客様宅へ家具調仏壇を納品してきました。

IMG_2317.jpg
広い仏間です

納品前に、仏間の様子と仏間用スダレ取り付けで採寸に伺いました。
間口が100㎝幅で、故人の方が大きなお仏壇を入れようと作られた仏間でしたが、
先々の事を考えて、家具調の130㎝サイズのお仏壇にされました。

お仏壇本体は、超定番商品の桐のお仏壇。
無垢の扉、下台の収納式経机がポイントです。

IMG_2318.jpg
正面からでは解りませんが・・・

この仏間の前幅で、軸回しの襖部分が狭くて「?」と思いましたが、
その襖が折り畳み式なんですね。
半分だけ開いて、仏壇と仏間の隙間を埋める見せ方も出来て、
スダレにも干渉しない、作りも丁寧で良い仕事をされてました。

IMG_2320.jpg
仏具も定番品

宗派は浄土真宗本願寺(お西)様。
今年に入って良く出ている、スタンド型掛け軸3幅。
真鍮合金製の現代風具足になります。
ありがとうございました。

  • 15:43 | 投稿者: 田畑

過去の記事

このページの先頭へ戻る