スタッフブログ

スタッフブログ

15.仏壇修復

■ 2016年9月 2日(金)

お仏壇のお預かり

[ 15.仏壇修復 ]

池田市のお客様からご自宅のリフォームに伴いお仏壇を預かってほしいとご依頼いただきました。

早速下見に伺ったのですがお電話でお聞きしていた通り、どこからもお仏壇を出すことが出来ません。

その為今回はお仏壇を分解してお預かりする事になりました。

DSCF9065.jpg

江州型4尺三方開きのお仏壇です。

DSCF9067.jpg

仏間から出したお仏壇を上台輪から分解します。

DSCF9068.jpg

お伺いしてから約1時間ですべて車に積む事が出来ました。

先ずは一旦お預かりし、「素洗い」や「部分修理」などのお見積もりをすることになりました。

  • 7:34 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年8月 6日(土)

金仏壇の修復 2尺(京都市H様)その2

[ 15.仏壇修復 ]

内部の写真を数十枚撮りながら分解します。

DSCF7686 のコピー.jpg

ついついデジカメなので撮りすぎます。

それをすべてコンピューターに保存してしまうので、最近以前にも増して動作が鈍いように思います。

DSCF7688 のコピー.jpg

屋根までスムーズに外せれば一安心です。

大まかに分解したら、細部の分解に入ります。

DSCF7735.jpg

DSCF7733.jpg

DSCF7736 のコピー.jpg

同じように見えている京仏壇でも職人さんによって細部の造りが変わります。

「へ〜」「ん?」などなど、勉強にもなりますが色々と同時進行で作業をしていますとすぐに忘れますので、デジカメは強い味方です。

  • 20:56 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年7月31日(日)

上置き唐木仏壇の修理

[ 15.仏壇修復 ]

2年前に、上置き18号サイズの唐木仏壇をお買い上げのお客様から、
ロウソクを灯していたら、いつの間にか本体が焦げていた、とお電話がありました。早速お伺いすると、

IMG_1863.jpg
ちょうど、膳引きの上に火立を置いた付近の上が変色していました。

IMG_1864.jpg
内側までけっこう変色しています。

幸い、芯材まで焦げていたり、貼り材が大きくめくれてる状態では無かったので、
お預かりして製造メーカーに修理を依頼。
2週間後・・・

IMG_1888.jpg
新品と交換したかのような仕上がりで修理から戻ってきました。

IMG_1890.jpg
どこにローソクの火が当たっていたか解りません。

上置きのお仏壇ですと、膳引きを限界まで引き出して火立を置いても、
夏場の扇風機やエアコンの風の当たり具合で、お仏壇内部へ熱い火が入り込む事があります。
思っている以上に、見えている炎の先より上の方まで温度が高いんですね。
下台手前に余裕がある場合は、膳引きではなく手前に火立を置いたり、
法要以外の時は電池で付くLEDローソクなどをオススメしております。
そして、ローソクに火を灯している間は、お仏壇から離れないようお願いします。

  • 8:51 | 投稿者: 田畑

■ 2016年6月22日(水)

金仏壇の修復 2尺(京都市H様)その1

[ 15.仏壇修復 ]

50年前に新調された真宗大谷派用京仏壇の修復をさせていただきました。

DSCF7623.jpg

非常に丁寧に扱っておられたのか、大きな破損箇所は見受けられませんでした。

しかし、50年も経ちますと漆が紫外線による経年劣化で完全に艶が無くなっています。

DSCF7637.jpg

お店に持ち帰り細部の確認と写真撮影をします。

DSCF7673.jpg

合わせて仏具の確認も行います。

今回はご予算の関係上、破損している仏具以外は現状のまま素洗いでお使いいただくことにしました。

次は分解に入ります。

  • 7:47 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年6月17日(金)

仮合わせ

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

現在修復中の須弥壇(しゅみだん)の木地直しが出来ました。

本来であればこのまま塗師のもとで漆塗りに入るのですが、今回は本堂で一度仮合わせをしました。

DSCF8878.jpg

写真の須弥壇と、その上に乗る宮殿(くうでん)を修復することはお寺にとって非常に大きな事業になります。

この時に合わせて構造物の床を直したりも同時に行われます。

今回は床の強度を高める工事が行われたのですが、工事前と工事後の床の高さが変わることで、須弥壇がうまく設置出来るか確認する事が必要になります。

仮合わせしたことで問題点がはっきりし、改良することを総代さんに了解を得ました。

これで漆塗りが出来た後大きな調整をしないですみます。

  • 7:47 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る