スタッフブログ

スタッフブログ

15.仏壇修復

■ 2018年6月22日(金)

繕い

[ 02. 社長のつぶやき ]

お仏壇を永年お使いになると、所々に当たり傷が出来ます。

金箔が剥がれた場合などは、1,2回お伺いすれば直るのですが、塗装が剥がれた場合はなかなか簡単にはいきません。

傷により作業工程は大きく変わりますが、今回は本漆を使った繕い(修復)をしました。

IMG_0353のコピー.JPG

傷のある箇所をペーパーで軽く研ぎます。

IMG_0360のコピー.JPG

マスキングテープで養生し、錆下地をします。

IMG_0398のコピー.JPG

錆下地を水研ぎし、その後場所により黒色あるいは弁柄色の漆を塗ります。

IMG_0408のコピー.JPG

漆を塗っては研ぐを繰り返します。

欅などの場所は弁柄漆の上に透け漆塗ります。

IMG_0489のコピー.JPG

最後に磨き上げて完成です。(ちなみに今回は合計7回お伺いしました。)

どうしても繕いですので、漆の色が少々合わない事や漆を塗った所が盛り上がったりします。

完璧を求められる場合はすべて塗り直しをしないときれいにはなりませんので、「目立たないくらい」に直したい場合は繕いで良いと思います。

  • 18:20 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年6月 9日(土)

伝統技法による金仏壇の修復 1尺8寸(京都市B様)その6

[ 15.仏壇修復 ]

組み立てです。

DSCN0011のコピー.jpg

DSCN0015のコピー.jpg

DSCN0029のコピー.jpg

ここまでで約2日。

仮組をしてあるので順調に進みます。

DSCN0038のコピー.jpg

雨戸に1日。

DSCN0042のコピー.jpg

障子に1日。

DSCN0046のコピー.jpg

完成です。

修復のお仏壇ですので、微調整を繰り返しながらの組み立てになります。

そしてお客様宅に納品します。

DSCF9121.jpg

分野は違いますが同じ伝統工芸の仕事をされているお客様でしたので、色々とお話しいただき非常にためになりました。

  • 12:48 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年5月12日(土)

勢いのまま

[ 15.仏壇修復 ]

洗い(修復)のお仏壇が仕上がりましたので、その勢いのまま以前から仕上げ待ちだった伝統工芸品のお仏壇の組み立てをしています。

IMG_5538.jpg

こちらが伝統技法による修復が仕上がったお仏壇です。

無事に納品が終わり、お客様に喜んで頂き一安心です。

IMG_5582.jpg

組み立てればすぐにでも店頭に陳列出来るのですが、なかなか手を付けられずやっと仕上げに入りました。

通常の京仏壇のイメージを変えるのに、少しだけ手を加えました。

お客様の反応や感想をお聞きして今後のもの作りの参考にしたいと思います。

  • 20:49 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年5月 9日(水)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺7寸(滋賀県S様)その2

[ 15.仏壇修復 ]

分解後は「洗い」の工程です。

こちらのお仏壇は正面が欅で出来ています。

欅は木目が美しい木なので、その木目を生かした「木地溜塗り(きじだめぬり)」という塗り方があります。

正面が欅で出来ていると書きましたが、お仏壇によって材料の使い方は色々です。

現在お仏壇の正面が木目出しになっているお仏壇は、そのほとんどが木目がプリントされた物が貼ってあり、その木目の上に色付きの塗料を吹き付ける方法で製作されています。

こちらのお仏壇は正面が全て無垢の欅です。

DSCF9904-1のコピー.jpg

修復のお仏壇で「木地溜塗り」がされている場合、当店ではとても大変な作業になりますが、一度漆をきれいに剥がします。

この作業により仕上がったときにもう一度きれいな木目が出る「木地溜塗り」が出来ます。

DSCF9911-1のコピー.jpg

右が剥がす前、左2枚が漆を剥がした後です。

DSCF9908-1のコピー.jpg

その他の部品も洗浄後陰干しにて数日乾燥させます。

  • 18:40 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年5月 8日(火)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(大阪府Y様)その7

[ 15.仏壇修復 ]

お仏壇には色々な仕様があります。

木地の種類、漆の色や技法、金箔を押す箇所、蒔絵の技法などなど、

今回は金箔を押す箇所。

下の写真のような京仏壇の場合、障子(内側の扉)は框が黒、内側の面は金箔です。

DSCF5339のコピー.jpg

今回修復しているお仏壇は大阪仏壇ですので障子は框も金箔押しです。

箔押し1のコピー.jpg

框に金箔押し用の漆を塗り少しおきます。

頃合いを見て漆を均一にのばします。

箔押し3のコピー.jpg

箔箸で金箔をとり、框を押します(貼ります)。

箔押し4のコピー.jpg

押し終えたら、真綿で軽く押さえます。

接着剤が漆なのでここで一旦室(むろ)に入れ漆を硬化させます。

再度取り出し真綿で整え仕上げます。

簡単に書きましたがその日の天候で漆の乾き具合が変わりますので、その都度接着剤となる漆の調合を変えたり加減を取りながらの作業となります。

安価な方法の場合は接着剤が漆ではなく、「ブラック」と呼ばれています科学塗料の接着剤になりますので、接着剤をガンで吹き付けるだけで「均一にのばす」「室に入れる」などの工程がありません。

ブラックは工期が短く、費用も安く抑えられますが、金箔の強度は漆とブラックでは全く違います。

金箔の仕上がりは比較出来ますが、今のところ強度を比較出来ないのが残念です。

  • 8:36 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る