スタッフブログ

スタッフブログ

15.仏壇修復

■ 2018年11月 4日(日)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺4寸(京都市M様)その2

[ 15.仏壇修復 ]

分解以降の工程写真をすっかり撮り忘れていましたので、突然組立になります。

IMG_0722.jpg

飾り金具です。

雨戸は漆の焼き付け、その他は本金メッキです。

IMG_0724.jpg

IMG_0751-1.jpg

IMG_0826.jpg

先日、ご新築のお宅に無事納品できました。

IMG_1388.jpg

今回も私のわがままをお聞き頂き、伝統技法での修復をさせていただきました。

納品時にとても喜んでいただき、がんばった甲斐がありました。

ありがとうございました。

【仕様】

塗装:堅地下地 本漆手塗り

蝋色:研ぎ出し 蝋色磨き

金箔:縁付1号金箔 漆押し 彫刻類金粉仕上げ

金具:雨戸漆焼き付け その他本金メッキ

蒔絵:高蒔絵

組立:障子紗上金竹屋町唐草

  • 12:44 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年10月31日(水)

巻障子の紙の貼り直し

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

巻障子の紙の貼り直しをしました。

一旦お店に持ち帰ります。

普段障子の組子(骨)に溜まった埃を取るのが難しいのでこの機会にいっしょうに洗浄します。

古い障子紙を外す際に組子の汚れも除去しました。

IMG_1472.jpg

今年もあと2ヶ月ですので、丁度良いタイミングだったと思います。

  • 15:15 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年10月29日(月)

真宗大谷派御本尊 阿弥陀如来

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

真宗大谷派御本尊 阿弥陀如来木像の仏身修復、台座光背を新調しました。

IMG_1290のコピー.jpg

IMG_1288のコピー.jpg

仏身は洗浄後漆を剥離します。

IMGP7492のコピー.jpg

木地を分解後再度組み直しますが、反りや割れが生じますのでここで木地直しを行います。

IMGP8099のコピー.jpg

台座光背は御本山型本式を新たに製作しました。

IMGP8137のコピー.jpg

当店のような家族中心の少人数で営業しています仏壇仏具店であれば、出来る限り高品質の仏壇仏具を製作することが可能だと思います。

  • 16:26 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年10月28日(日)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(大阪府Y様)その8

[ 15.仏壇修復 ]

最終組立です。

DSCN0039のコピー.jpg

総堅地下地、研ぎ出し蝋色仕上げ。

平場は摺上げをしていますので縁付1号金箔がより美しく見えます。

DSCN0044のコピー.jpg

彫刻類も全て縁付1号金箔押しです。

各段の框は箔下盛り上げをしています。

DSCN0065のコピー.jpg

下段下の大引きの框は溜塗り後花丸蒔絵を描いています。

こちらも京蒔絵ですので少々手で触れても消えたりすることはありません。

DSCN0064のコピー.jpg

戸障子を吊れば完成です。

DSCF9579のコピー.jpg

総手描きの親鸞聖人御絵伝と一緒に無事納品しました。

色々と私のわがままをお聞き頂きましたお客様に感謝しております。

ありがとうございました。

  • 8:59 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年10月16日(火)

巻障子(折障子)の修復 その2

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

巻障子の組立が出来ましたので本堂で取り付け作業を行いました。

IMG_1142.jpg

IMG_0441.jpg

修復前。

IMG_1148.jpg

修復後。

修復前はホームセンターで市販されているような蝶番が使われていました。

IMG_0456.jpg

巻障子は大きな法要によっては取り外す事がありますので、この蝶番ではその都度ねじを取ることになります。

今回は取り外しがし易いよう新たに錺金具を新調しました。

IMG_1146.jpg

  • 16:47 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る