スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2018年6月30日(土)

巻障子(折障子)の修復

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

巻障子は本堂の内陣(ご本尊が置かれている場所)と外陣(私たちがお経を唱えたり、法話を聞く場所)との境界にあります扉(障子)です。

IMG_0442.jpg

今回はこの障子を引き取りに伺いました。

ほとんどの場合、築数百年の本堂はまっすぐ建っていることはありません。

IMG_0440.jpg

写真のように下げ振りは垂直に下りません。

IMG_0434.jpg

また、障子のメシ合わせもずれています。

先ずは一度障子を引き取り、障子自体の歪みや反りを確認します。

そして本堂の写真を見ながら、完成時にうまく設置する方法を考えます。

昨日は頭の中で描いた設置方法が最良かを確認するために再度お寺に伺いました。

IMG_0542.jpg

今から金具などを取り外し、木地直しを行います。

  • 9:01 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る