スタッフブログ

スタッフブログ

2018年6月の記事

■ 2018年6月30日(土)

巻障子(折障子)の修復

巻障子は本堂の内陣(ご本尊が置かれている場所)と外陣(私たちがお経を唱えたり、法話を聞く場所)との境界にあります扉(障子)です。

IMG_0442.jpg

今回はこの障子を引き取りに伺いました。

ほとんどの場合、築数百年の本堂はまっすぐ建っていることはありません。

IMG_0440.jpg

写真のように下げ振りは垂直に下りません。

IMG_0434.jpg

また、障子のメシ合わせもずれています。

先ずは一度障子を引き取り、障子自体の歪みや反りを確認します。

そして本堂の写真を見ながら、完成時にうまく設置する方法を考えます。

昨日は頭の中で描いた設置方法が最良かを確認するために再度お寺に伺いました。

IMG_0542.jpg

今から金具などを取り外し、木地直しを行います。

  • 9:01 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年6月29日(金)

6月18日の地震、その後

6月18日に、大阪北部であった震度6弱の地震。
あれから10日以上経ちましたが、周辺地域へ納品したお仏壇・仏具の、
様々な被害の連絡があり、対応させていただいております。

・お仏壇のズレ・・・本体と下台が、ホゾ・ダボごとズレていた
・仏具の破損・・・揺れで仏具が本体から飛び出て落下・破損
・電気が点かない・・・揺れで配線・電球の球が切れる

などなど、お客様の元に直接行ったり、
ご来店されて新しい仏具を購入していただく等、
本当に身近で地震があったんだなと再確認しています。

大きなお仏壇のズレや傾きは、一度当店までご連絡下さい。
仏具の破損なども、直近15年までは資料を残しておりますので、
素早く対応出来ます。
よろしくお願い致します。

IMG_0537.jpg
仏間内設置の金仏壇18号サイズ。
本体・下台・増台と、

2㎝弱ずつ斜めにズレていました。

  • 14:05 | 投稿者: 田畑

■ 2018年6月29日(金)

比叡山麓坂本の仏教文化

昨日は当店が加盟しています京都府仏具協同組合の研修会に参加しました。

成安造形大学付属近江学研究所 加藤副所長様に講演頂きました。

IMG_0528.jpg

「比叡山麓坂本の仏教文化」ですので、天台宗比叡山延暦寺とその里坊がある坂本地区のお話しで、大変興味深いお話しでした。

  • 8:06 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年6月25日(月)

梅雨の合間

6月も最終週。

京都は梅雨の合間の真夏日です。

それでも夕方は少し過ごしやすいので散歩も出来ます。

IMG_0474.jpg

西本願寺さんの夕日。

IMG_0509.jpg

東本願寺さんの夕日。

IMG_0512.jpg

東本願寺さんの南側の堀には蓮が大きく葉を広げています。

もう少しするときれいな花が咲くことでしょう。

  • 15:50 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年6月23日(土)

繕い その2

実は前回のブログ「繕い」でご紹介しましたお客様の菩提寺様の本堂も同時に漆塗りしていました。

25年前、私が修行を終えてお店に戻ってきて、すぐに掛かった仕事がこちらのお寺の金箔押しでした。

IMG_0400.jpg

IMG_0402.jpgのサムネイル画像

大きな傷は「刻苧(こくそ)」で埋めます。

IMG_0410.jpg

地の粉下地、錆下地を付けます。

IMG_0421.jpg

下地を水研ぎしてから数回黒色漆を塗ります。

IMG_0491.jpg

最後に蝋色磨きをして終了です。

こちらも、ほとんど解らないぐらいに修復が出来ました。

  • 18:15 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る