スタッフブログ

スタッフブログ

2018年3月の記事

■ 2018年3月31日(土)

皇居通り抜け

今年は4月を前にすでに満開になった桜を見に初めて皇居に行きました。

IMG_5311.jpg

皇居乾通りの一般公開です。

この日は真夏のような日がさす、とても良い天候でした。

関東出張をするようになって30年。

たまに皇居の外周を車で走る事はありますが、中に入るのは今回が初めてです。

IMG_5313.jpg

すでに沢山の人で賑わっています。

IMG_5316.jpg

桜を満喫し乾通りを通って皇居を出ますと、すぐ前に東京国立近代美術館工芸館があります。

現在「名工の明治」展が開催されています。(とても仕事に関わる良い勉強になります)

IMG_5317.jpg

今回は金、銀、銅、赤銅、四分一などの金属を使って製作された「十二の鷹」が修復後初めてのお披露目となります。

その他明治の名工が製作した工芸品を見ることが出来ます。

工芸館からあるいて15分。

一度行ってみたかった古本の街「神保町」で、おもしろそうな本を購入。

これが後々私の両肩を苦しめる結果に。

そして「香合百花繚乱」を見に根津美術館へ。(こちらも私の仕事の質を上げてくれます)

IMG_5337.jpg

本日3月31日間までの企画展でした。

今回の展覧会出品の香合は主に茶道などでお使いになる香合になるようで、私たち仏具店が扱っている物と少し雰囲気が異なるようです。

最後はここまで来たならと若い人たちで一杯の表参道ヒルズでコーヒーを飲んで帰路につきました。

家内が携帯に入っている万歩計を見ますとその日の歩数は約21000歩。

神保町で買った本を入れたリュックのおかげで、まるでトレーニングをしに東京に来たようでした。

疲れはしましたが楽しい東京日帰り出張?でした。

  • 7:36 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年3月26日(月)

桜咲く

本日はお洗濯のお仏壇を引き取りに2往復しました。

午前はご本尊を仮住まいのお宅に移動し、午後にお仏壇本体の引き取りに伺いました。

その行き帰り不思議なことに2往復計4回、同じ交差点を先頭で停車しました。

停車中ふと横を見ますと、そこには満開の桜が咲いています。

IMG_5271.jpg

自宅の庭に桜の木があるなんて、なんともうらやましい限りです。

京都市内は今週は雨が降らないそうなので、しばらくはお花見が楽しめそうです。

  • 20:08 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年3月25日(日)

金メッキのオススメ

年に数回、お仏壇の吊り物である「輪灯」の金メッキを承る事があります。
仏具写真の整理中、金メッキ前、金メッキ後の写真が出てきましたので、
ご紹介します。

IMG_4705.jpg
金メッキ前、全部品。
真鍮製 磨き仕上げ、長鍵、5寸の菊輪灯です。

IMG_4706.jpg
ローソク球の付いた蓮型電球を付けていたせいで、
上記のお皿や五徳、押さえを紛失しているパターンがありますが、
このお客様はそのまま使用されていました。
無くなっている場合は、同じ寸法の物を新規用意する事も出来ます。

IMG_4709.jpg
傘もかなり変色しています。
昔は金属磨きで磨いていたけど、年を取って・・・
そんなお客様からのご依頼でした。

・・・約1ヶ月後。
IMG_2639.jpg
全ての部品がピッカピカになって戻って来ました。

IMG_2640.jpg
新品その物です。

IMG_2641.jpg
傘表面に背景が写り込むほどの輝き。

お時間はいただきますが、新調するよりかは若干お安く仕上がりました。
サイズが大きくなるほど、お得だと思います。
この後、お客様宅へ配達して、灯篭も込みでLED化して完了でした。

輪灯・灯篭・瓔珞をキレイにするだけでも、
お仏壇の雰囲気が劇的に変わりますので、
何かの節目に合わせて、ご検討いかがでしょうか。

  • 8:56 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月23日(金)

唐木仏壇の納品 その143

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_0146.jpg
納めたお家は新築です

国産、18号サイズ、本黒檀、四方練りの高級品です。
和室の板間に設置しました。

IMG_0149.jpg
輪灯瓔珞を吊って本式に

宗派は、真宗大谷派(お東)様。
ご本尊は元々お持ちだった物がピッタリ収まり、
五具足はお預かりして金メッキ仕上げにしました。
その他仏具は新調です。

IMG_0148.jpg
後日、仏間用スダレを掛けます

お母様の思い入れある前の仏壇は、新築宅には入らない。
けど、和室に幅75㎝・奥行90㎝の板間は確保したから、
今のご本尊が入る良いお仏壇を、との事で選んでいただきました。
もう一度、仏間用スダレの取り付けに伺います。
ありがとうございました。

  • 15:40 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月23日(金)

堂本印象と明治150年

まずは堂本印象美術館です。

IMG_5235.jpg

リニューアルオープン展覧会ということで、今回初めて見に行きました。

作品名「訶梨帝母(かりていも)」は鬼子母神の持つ柔和な母の姿が描かれています。

仏教画はどれも非常に淡い色合いが美しい作品ばかりでした。

堂本印象美術館の次は京都国立近代美術館で行われています「明治150年展 明治の日本画と工芸」を拝見しました。

IMG_5236.jpg

近年非常に盛り上がっています(私だけ?)「超絶技巧」です。

今回も時間を忘れて単眼鏡で見入っていましたが、新たに私好みの作品を発見しました。

展覧会ごとに小出しにされて出てくる作品の中に、自分好みの作品を探す楽しみが増えました。

次の展覧会がいつなのか、待ち遠しく思っています。

  • 8:05 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る