スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2017年11月 2日(木)

部門研修

[ 02. 社長のつぶやき ]

毎週2講義づつ行われました、部門研修も昨日が最後の講義でした。

錺(かざり)と蝋型(ろうがた)の研修です。

蝋型は蜂蜜の蝋と松脂を混ぜ合わせた物を用いて精密な鋳物を作る事が出来る技法です。

但し、鋳型が1度キリの為非常に高価になります。

仏具では主に具足(花瓶や燭台)の製作に使われます。

錺は仏壇仏具の装飾に用いる金具で「錺金具」の事です。

昨日の研修では祇園祭の鉾の錺金具の実物を見せて頂きました。

京都という土地で仕事をしていますと、こういうご褒美にありつけます。

研修会2017:11:1-2.jpg

鉾の屋根や柱の装飾金具で、これから修復するそうです。

研修会2017:11:1.jpg

講義では鉾の錺金具の歴史と携わった職人さんの名前やその時の工賃など、おもしろいお話しを聴く事が出来ました。

でも一番驚いたのが既に鉾の錺金具と同じ物を作る技術が途絶えているという現実でした。

これだけ科学的に進歩した現代の知識や技術でも、この当時の物を再現出来ないそうです。

  • 8:03 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る