スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2016年12月24日(土)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(大阪府Y様)その4

[ 15.仏壇修復 ]

洗浄後数週間陰干しをし、その後は木地師さんの元で木地直しをしていきます。

すべて木地師さんに丸投げでも良いかもしれませんが、私が気になるところを前もってチェックし指示します。

DSCF7563-1.jpg

反りのある物は見逃しやすいので要チェックです。

DSCF7572-1.jpg

金箔下の盛り上げの地模様も写真に収めておきます。

DSCF7575-1.jpg

そして何より組立時に一番役立つのが彫刻箇所のチェックです。

本来、彫刻については外部の彫り師さんの仕事になりますが、当店では田畑君が彫刻の修復もしてくれるので安心しています。

写真に収め、番号を振り、ダボなどを新たに作って最後の組立がスムーズに行くよう配慮してくれています。

  • 19:34 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る