スタッフブログ

スタッフブログ

2016年11月の記事

■ 2016年11月25日(金)

没後150年 坂本龍馬展

昨日の夕方、京都国立博物館で行われています「没後150年坂本龍馬」にご招待いただきましたので行って来ました。

坂本龍馬展2.jpg

多くの方が読んだであろう司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」。

高校時代に読んで私もはまってしまった一人です。

高校卒業後ツーリングで全国のゆかりの地を散策しました。

坂本龍馬展3.jpg

今回の展覧会には全国から多くの龍馬ファンが訪れたそうです。

坂本龍馬展1.jpg

幕末の中心地であった京都。

東山から見た、このきれいな夕日もこれから150年経っても変わっていないと良いなと思います。

  • 7:54 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年11月23日(水)

木蝋

木蝋(もくろう)と読みます。

この字を検索しますと櫨(はぜのき)の実から採れる和蝋燭の原料と出てきます。

しかし今回は木で出来た蝋燭の形をした仏具の事を指します。

木蝋.jpg

仏具の木蝋は一般的に朱塗りになります。

使い方は本物の蝋燭に火を付けて手を合わせた後、この木蝋に取り替えます。

これは木で出来ていますので実際には火を着けずに飾りで蝋燭立に立てておきます。

この木蝋のワンランク上の仕様で上部に金箔を押した物があります。

DSCF9449.jpg

今日は在庫の補充で何本かに金箔を押しました。

  • 21:18 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年11月22日(火)

伝灯奉告法要第4期

現在西本願寺で執り行われています第25代専如門主の伝灯奉告法要は4期目を迎えました。

今年は第4期で一旦法要は終わります。

次回は3月から第5期目が始まります。

毎日全国から沢山の御門徒の方々が法要に来られています。

そんな中昨日は真宗大谷派(お東)の御門徒の方々のお姿を拝見しました。

おひがしさん.jpg

黄色いタスキに「真宗大谷派三重教区」の文字。

宗派を越えた方々のお参りもあるようで、ちょっと驚きました。

  • 8:43 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年11月21日(月)

現代仏壇「ギルド」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、現代仏壇「ギルド」を納品してきました。

IMG_2182.jpg
インテリアに拘りのあるお客様。
調度品・小物に合うよう、サイズも含めてじっくり選ばれました。

IMG_2183.jpg
お位牌はプレアデス4寸。
あえて、くすんだ仏飯器と火立を選ばれたセンスが光ります。

住まいの面積的には我が家と同じなのに、こうまで違うのか!と、
家具や小物のチョイスに驚いてしまいました。
その中に、このお仏壇が馴染んでいる事を願っています。
ありがとうございました。

「ギルド」
材質:ウォールナット
高さ:43.0㎝
前幅:33.0㎝
奥行:27.5㎝
本体定価:¥140,000(税抜き)

  • 9:48 | 投稿者: 田畑

■ 2016年11月20日(日)

伝統技法による金仏壇の修復 1尺8寸(京都市B様)その4

金箔押しの工程に入りました。

京都で金仏壇を新しく製作したり修復したりする場合、御予算が許される限り通常は障子の組子は間金(あいきん)にします。

DSCN0041 のコピー.jpg

障子の組子とは細い木を組み合わせて作ります。

そして間金とはこの狭い組子の間(側面)にも金箔を押すことを言います。

これは非常に手間が掛かる上、金箔も多く使用しますので当然費用がかさみます。

現在のお仏壇は金色のフィルム状のものが貼られていますので、ビックリするほどきれいで安価に作ることが出来ます。

今回は伝統技法による修復ですので「間金」で仕上げになります。

  • 7:38 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る