スタッフブログ

スタッフブログ

2016年8月の記事

■ 2016年8月14日(日)

現代仏壇「ビオラ ダーク 600」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、
前回から連続で同じ仏壇、ビオラ ダーク 600を納品してきました。

IMG_1930.jpg
半間の仏間へ、下台「スポットⅡ ダークブラウン」と組み合わせての設置です。
2サイズ下の「アネモネ」1サイズ下の「ビオラダーク540」と悩まれたようですが、
設置してみると良い感じとお客様満足気でした。
オーダーで後日製作した仏間用スダレ(垂れ45㎝)も取り付けました。

IMG_1931.jpg
宗派は真言宗様。
スタンド型掛け軸を本尊に迎えて、
前々回のお客様と同じ紫色の具足を選ばれました。
納品後、お墓の購入で色んな話が聞けて勉強になりました。
ありがとうございました。

「ビオラ ダーク 600」
材質:ニレ・タモ
高さ:60.0㎝
前幅:48.0㎝
奥行:36.0㎝
本体定価:¥260,000(税抜き)

  • 8:22 | 投稿者: 田畑

■ 2016年8月12日(金)

現代仏壇「ビオラ ダーク 600」の納品

先日、滋賀県のお客様宅へ、
現代仏壇「ビオラ ダーク 600」を納品してきました。

IMG_1928.jpg
床の間に置かれた高さ1メートル弱、和風の飾り箪笥上に設置しました。
なかなか色味が合ってて良い感じとお客様。

IMG_1926.jpg
宗派は浄土真宗本願寺派(お西)様。
阿弥陀様の掛け軸を中央に一幅。
真鍮合金製の六具足。
過去帳に、過去帳台と供物皿はウォールナット製で統一。
ブロンズ色のゆらりんをセットして、
現代仏壇ではオーソドックスなお飾りとなりました。
ありがとうございました。

「ビオラ ダーク 600」
材質:ニレ・タモ
高さ:60.0㎝
前幅:48.0㎝
奥行:36.0㎝
本体定価:¥260,000(税抜き)

  • 17:16 | 投稿者: 田畑

■ 2016年8月 9日(火)

現代仏壇「オレガノ 1400」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「オレガノ 1400」を納品してきました。

IMG_1924.jpg
カメラのフラッシュを使うと本体の塗装に反射して訳が解らなくなるので、
露光が十分で無いですが、それぐらいピカピカに磨き上げられたお仏壇です。
私の姿も写ってしまってますね。

IMG_1923.jpg

宗派は浄土真宗本願寺派(お西)様。
当店で販売している雲鳳表装の掛け軸を3幅、
紫色の六具足をお飾りしました。

IMG_1922.jpg
聞くと、お仏壇に合わせて周りの家具を新調されたとの事。
色んな所がキラキラしていて素敵でした。
ありがとうございました。


「オレガノ 1400」※生産終了品
材質:サペリ・シナ・真鍮
高さ:140.0㎝
前幅:44.0㎝
奥行:40.0㎝
本体定価:¥800,000(税抜き)

  • 10:53 | 投稿者: 田畑

■ 2016年8月 8日(月)

賽銭箱の製作 その2

ウレタン塗装が主流となった賽銭箱。

短納期と価格競争の現状であれば仕様がないのかもしれません。

でも今回は、納期を十分いただけたので摺り漆でしっかり仕上げたいと思います。

賽銭箱 のコピー.jpg

生漆をウエスで摺ります。

DSCN0003 のコピー.jpg

湿した室(むろ)で漆を固めます。

賽銭箱1 のコピー.jpg

3回目以降は漉し紙に替えて摺ります。

賽銭箱完成前 のコピー.jpg

満足出来る色合いまであと数回摺れば、今度は文字に色を入れていきます。

  • 10:24 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年8月 6日(土)

金仏壇の修復 2尺(京都市H様)その2

内部の写真を数十枚撮りながら分解します。

DSCF7686 のコピー.jpg

ついついデジカメなので撮りすぎます。

それをすべてコンピューターに保存してしまうので、最近以前にも増して動作が鈍いように思います。

DSCF7688 のコピー.jpg

屋根までスムーズに外せれば一安心です。

大まかに分解したら、細部の分解に入ります。

DSCF7735.jpg

DSCF7733.jpg

DSCF7736 のコピー.jpg

同じように見えている京仏壇でも職人さんによって細部の造りが変わります。

「へ〜」「ん?」などなど、勉強にもなりますが色々と同時進行で作業をしていますとすぐに忘れますので、デジカメは強い味方です。

  • 20:56 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る