スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2016年6月17日(金)

仮合わせ

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

現在修復中の須弥壇(しゅみだん)の木地直しが出来ました。

本来であればこのまま塗師のもとで漆塗りに入るのですが、今回は本堂で一度仮合わせをしました。

DSCF8878.jpg

写真の須弥壇と、その上に乗る宮殿(くうでん)を修復することはお寺にとって非常に大きな事業になります。

この時に合わせて構造物の床を直したりも同時に行われます。

今回は床の強度を高める工事が行われたのですが、工事前と工事後の床の高さが変わることで、須弥壇がうまく設置出来るか確認する事が必要になります。

仮合わせしたことで問題点がはっきりし、改良することを総代さんに了解を得ました。

これで漆塗りが出来た後大きな調整をしないですみます。

  • 7:47 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る