スタッフブログ

スタッフブログ

2016年1月の記事

■ 2016年1月17日(日)

お仏壇の移動

先日、御屋敷内のお仏壇の移動のご依頼がありました。

下見をしに伺い色々と検討しましたが、どうしても通れない箇所がある為、今回も分解して移動することになりました。

薄暗いお部屋に鎮座されていた大きなお仏壇。

奥様から「蛤御門の変でこの辺りは焼けたので、それ以降のお仏壇だと思います。」とのこと。ざっと150年前。

簡単に「分解して移動します」と言ってしまった手前、後にも引けず薄暗いお部屋だったので細部の構造もしっかり確認出来ていません。

早速、工房に持ち帰ったお仏壇を恐る恐る分解してみました。

DSCF7918.jpg


流石!京都のお仏壇。

ほとんど釘を使わずホゾ組にしてありましたので、あっという間に分解出来ました。

一度修理が入っているようですが、分解してみると150年の蓄積された痛みがあちらこちらに。

この機会にお洗濯していただければ嬉しかったのですが・・・。

  • 16:10 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年1月15日(金)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(南相馬市S様)その6

ここからは屋根廻りです。

清水様16.jpg

上々段と小柱、彫刻類を取り付けます。

清水様18.jpg

そして屋根を乗せます。

屋根は二重屋根。

真宗大谷派の正式な形も二重屋根と言われていますが、その形とは全く違う形状です。

今回の修復が2度目になるそうなので、単純に考えても凡そ100年前のお仏壇になります。

このお仏壇を作られた経緯は解りませんが、あえて二重屋根を変更せず、出来る限りオリジナルの状態で修復しました。

清水様12.jpg

天井の格子の上に乗っているのが小海老に取り付ける板です。

最近は紙に金色の塗装がしてあるものが大半ですが、京都の修復の場合、ほとんど見えない所でも本物にこだわって「へぎ板」に本漆を塗って金箔を押しています。

清水様21.jpg

大柱、欄間、脇戸、上台輪、天井チリヨケまでを組み上げました。

いつもの如く、最後は戸障子の取り付けになります。

  • 19:38 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年1月10日(日)

平成28年十日戎

本日は十日戎。

今年は昨晩宵戎に行って来ました。

28宵戎2.jpg

今日の本戎に比べると人では少ないようですが、それでも沢山の人で境内はいっぱいでした。

28宵戎5.jpg

浅治郎さんがいつごろから頂いてきたのか知りませんが、私も毎年このサイズの福笹を頂いてきます。

今年はもう一つ奮発しまして、

28宵戎1.jpg

巫女さんが舞をしていただいた笹を頂いて、

28宵戎3.jpg

俵や小判などの縁起物を吊してもらって、

28宵戎4.jpg

事務所の予定表の上に飾りました。

今年も予定表が沢山埋まりますように・・・。

  • 7:35 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年1月 8日(金)

七草粥

毎年1月7日は日本全国七草粥。(色々な七草粥があるそうです)

正直小さな頃は苦手でしたが、この歳になると「どうすればもっと美味しく食べれるだろう」と色々工夫をする楽しみになっています。

七草がゆ2.jpg

  • 19:48 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年1月 5日(火)

本年もよろしくお願いします。

平成も28年になりました。消費税増税前年の、暗雲垂れ込める世の中に・・・
ならないよう、お仕事に励みたいものです。

正月休みは、近所に初詣→実家に挨拶と、毎年の行事プラス、
趣味のビデオゲームで、30年前〜最新のソフトまで、
全てゲーミング液晶モニタで遊べる環境(ファミコンをHDMI入力させるのに悪戦苦闘)
をようやく構築できて、大満足な年初になりました。

本年もよろしくお願いします。

torii.jpg

  • 11:32 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る