スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2015年11月23日(月)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(大阪府Y様)その2

[ 15.仏壇修復 ]

早速お預かりしたお仏壇を分解します。

先ずは大きな部品に分解。

DSCF7544 のコピー.jpgのサムネイル画像

そして細かな部品に分解します。

DSCF7553 のコピー.jpg

最後に錺金具を抜きます。

このお仏壇、錺金具が少なかったので(上下台輪、戸障子、引き出しぐらい)、簡単に終われると思っていました。

が、考えがかなり甘かったようです。

前回のお洗濯の時にかなり無茶苦茶な組立がしてあった為、屋根廻りだけで約50本の釘が打たれてました。

しかも丁番でない金具に6分の鋲が至るところに打ってあります。

DSCF7555 のコピー.jpg

丸一日分解作業に掛かり、ニッパを持つ手は水ぶくれです。

私が組立する時いつも決まって考えることがあります。

それは次の修復です。

50年後このお仏壇をお洗濯するときに、分解した方が今回の私のように悲鳴を上げなくて良いように、解りやすく、最低限の釘で組み立てています。

  • 12:37 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る