スタッフブログ

スタッフブログ

2015年6月の記事

■ 2015年6月30日(火)

鏧子の修復

一般的には鏧子(けいす)と呼ばれています。

浄土真宗本願寺派では大鏧(だいきん)、真宗大谷派では経鏧(きょうきん)とも呼ばれます。

今回はこの鏧子を修復する為に職人さんと打ち合わせです。

職人さん曰く、「一切機械を使わずに、1枚の真鍮板から作り上げるのは俺だけや」そうです。

確かに工房を見渡す限りテレビやノートパソコン、掃除機など電化製品はありますが、電動の工具などはありません。

鏧子は3枚の板をつなぎ合わせて作る方法や大半を機械で打ち出す方法などがほとんどで、安価な物(日本に入ると高価になります)は台湾などから輸入されています。

鏧子.jpg

左の大きな鏧子は現在製作中の1尺8寸ですが、この大きさになると製作に数ヶ月かかります。

今回は写真右の鏧子を修復していきます。

  • 20:11 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年6月27日(土)

賞状

先日色々な分野でいただいた賞状の整理をしてたら、1枚気になる賞状が出てきました。

組合賞状.jpg

浅治郎さんの名前で「記念状」という物をいただいていたようで、内容を良く見ると「京都佛壇佛具商工組合」と書かれています。

組合の事務の方に尋ねますと、現在の「京都府仏具協同組合」の前身「京都佛具工業組合」の母体となる組合だそうです。

いただいた年月日が「昭和11年」浅治郎さん26歳の時です。

この「記念状」で昭和11年時点で彫刻師として組合に加盟していた事が解りました。

浅治郎さんがいつ頃彫刻師となったのか、少し曖昧になっていた部分がこれで解ったきました。

倉庫をもう少し整理してみたら、もっとおもしろい物が見つかるかも。

  • 7:57 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年6月26日(金)

お盆用品展示販売中

現在店内ではお盆用品を多数展示販売しております。

御盆用品.jpg

提灯や十三仏の掛軸、盆棚用の真菰など。

提灯の地方発送もしております。

ここ数年受注の多い「家紋入り」提灯は製作に時間を要しますので、ご注文はお早めに。

  • 7:54 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年6月24日(水)

海外のTV局さん、いらっしゃい

昨日の事ですが、海外のTV局さんスタッフ3名さんが、
店内を撮影していました。
satsuei.jpg
どこのTV局さんかは存じ上げませんが、社長は快諾しておりました。
先日のNHKワールドの取材と言い、
丸三仏壇店もなかなかグローバルですね。

  • 17:48 | 投稿者: 田畑

■ 2015年6月23日(火)

唐木仏壇の納品 その114

先日、京都市内のお客様宅へ、
上置きの唐木仏壇を納品してきました。

IMG_1112.jpg
国産18号、薄板張り紫檀製の上置き仏壇です。


IMG_1111.jpg
お客様がお持ちの4.5寸の位牌に対して、
5寸の先祖代々位牌を製作して、ギリギリ収まる感じになりました。
出来の良い日蓮様木像で、お仏壇も引き締まりました。

こちらのお客様のように、位牌のサイズが大きいけど、
新居はマンションなので上置き仏壇でコンパクトに納めたい方はかなり多いのですが、
全ての位牌を作り直そうとせず、収まる範囲で、
最適なお仏壇を提案させていただいております。
ありがとうございました。

  • 9:18 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る