スタッフブログ

スタッフブログ

2015年5月の記事

■ 2015年5月30日(土)

唐木仏壇の納品 その113

先日、京都市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_1090.jpg
国産、16号サイズ、黒檀張りのお仏壇です。
お客様、15号と悩まれていましたが、
実際に設置してみると、このスペースにはピッタリでした。

IMG_1088.jpg
浄土宗のお客様。
御本尊は桧製の阿弥陀如来、両脇は掛け軸の、
最もオーソドックスなスタイルです。
お位牌は、京位牌の上等品を選んでいただきました。

設置した和室の壁に、
IMG_1091.jpg
「南無阿弥陀佛」
と掛け軸があったのですが、お父様曰く「切り絵」だそうです。
良く見ると、切り出した紙が散らばらないよう、
文字をくっつけてデザインしているんですね。
「これを見本に作った」
と出されたのは、当店の床掛けショーケースの写真。
一瞬訳が解らなかったですが、来店されたときに、こっそり撮ったとか。
なかなか、お茶目なお父様。
ありがとうございました。

  • 11:11 | 投稿者: 田畑

■ 2015年5月27日(水)

唐木仏壇の納品 その112

先日、京都市内のお客様宅に、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_1099.jpg
右隣にある液晶テレビから解るように、
全高100㎝ちょっとのお仏壇です。
国産、紫檀製、厚板張り仕上げになります。

IMG_1097.jpg
宗派は、浄土真宗本願寺派(お西)
写真だと解りづらいですが、
欄間裏にLEDスポットライトを仕込んで、
お仏壇内部を照らしています。
灯篭を吊らない小振りなお仏壇で、
本体に元々ダウンライト等が無い時は、
このように加工して照らす事が出来ます。

お客様が来店時にお話していた、
和裁コンクールで日本一になった時の資料を見せていただきました。
50年以上前の事ですが、昨日のように笑顔で話すお客様。
やっぱり、指先を動かしていた方の明朗さは憧れますね。
ありがとうございました。

  • 8:57 | 投稿者: 田畑

■ 2015年5月22日(金)

伝統技法による金仏壇の修復 3尺3寸(南相馬市S様)その1

現在修復中の金仏壇があります。

板内3尺3寸三方開き。

DSCF5103.jpg

以前の修復時に無茶苦茶な扉の取り付けがされていた為、残念ながら写真の通り、これ以上扉が閉まりません。

それの影響か扉に歪みが生じ、今回扉は完全に新調することにしました。

その他も分解してみると、あちらこちらと不具合が有り今回徹底的に修復しました。

そして非常に時間を掛けて木地直しが終わりました。

DSCF6541.jpg

反り、割れ、虫食いなどの木地を交換し、今後2代3代と子孫の方に受け継いでいただけるよう手直ししました。

現在堅地による漆塗りの中塗りまで終わり、箔下盛り上げを行う部品を彩色師の手元に移しました。

そして先日関東納品後山形へ行く途中で南相馬のお客様宅へ伺いました。

建て方.jpg

前日に上棟が無事に済み、仏間も凡その大きさを確認出来ました。

解体前の仏間の鴨居が社寺建築に必ずある虹梁になっているのに驚きましたが、今回の新築の仏間にも古い虹梁をきれいにして使っていただきました。

お仏壇はこれから「箔下盛り上げ」「上塗り」「蝋色」「箔押し」と進み最終組立となります。

  • 7:42 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年5月15日(金)

南禅寺〜永観堂〜平安神宮

2週間ほど前になりますが、空いた時間に東山の散策に行きました。

南禅寺.jpg

南禅寺2.jpg

平安神宮.jpg

岡崎で車を停めて、南禅寺〜永観堂〜平安神宮〜みやこメッセ。

ゆっくり歩いて2〜3時間で廻れます。

ここ数日のように暑くなる前でしたが、それでも日差しが強く帰宅して鏡を見ると顔は真っ赤っか。

これからは帽子と日傘はお忘れなく。

  • 7:50 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年5月13日(水)

平成27年度京都景観賞 広告物募集

昨年度京都市長賞をいただいた京都景観賞の広告募集のご案内をいただいたのでご報告します。

景観賞作品募集チラシ-1.jpg

募集ポスターに当店の看板も掲載いただいています。

自薦他薦を問わず募集されていますので皆さんもご参加下さい。

  • 18:04 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る