スタッフブログ

スタッフブログ

■ 2014年9月30日(火)

額の製作

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

ここのところ職人さんからの仕事の依頼が続いています。

今回は神社に納める額の製作です。

DSCF5536.jpg

これは土台となる白木地の状態です。

今回の材質は檜。

DSCF5541.jpg

先ずは弁柄を多めに生漆と混ぜ1回目のスリを掛けました。

DSCF5559.jpg

2回弁柄入り生漆を刷り込み、その後生漆だけを2回拭き漆を行いました。

DSCF5730.jpg

そして額の縁廻りと文字には金箔を施しますので、艶消しの黒漆を塗ります。

ここまでは毎晩残業しながらの作業が続きました。

DSCF5754.jpg

金箔は職人さんにお願いしました。

屋外に掛ける為に漆で金箔を押した後、念のためにコーティングしていただきました。

DSCF5761.jpg

最後に手打ちの錺金具を打ち完成です。

10月に神社の鳥居に掲げられるそうです。

今回の漆の作業で久しぶりにかぶれました。

手や腕についた漆はかぶれても1日できれいに直るのですが、腕の関節についた漆は汗がたまる場所なのでなかなか直らず、1週間ほどかゆい日々が続きました。

そんな扱いにくい漆ですが乾くと最強の強度を持つ塗料となります。

  • 12:32 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る