スタッフブログ

スタッフブログ

2014年5月の記事

■ 2014年5月 5日(月)

商品紹介をアップしました

本日は金襴(打敷)です。

写真は浄土真宗本願寺派ですが、真宗大谷派用もございます。

打敷は本来お彼岸やお盆、年忌法要などの時にお仏壇を飾る荘厳具です。

基本的にはクリーニング出来ない物が多いので、汚れたら新しく買い換えていただくことになります。

大きさが色々ありますので、買い換えの時は古い打敷を持参下さいますと解りやすいと思います。

  • 7:40 | 投稿者: 三浦社長

■ 2014年5月 4日(日)

こんな仏具の納品の仕方もアリ

先日、大阪府のお客様宅へ、
金仏壇の仏具を納品、飾り付けをしてきました。
「古くなった金仏壇に、仏具だけでも新しくする」
このパターンは多いですが、
「新しい他社製の金仏壇に、仏具だけ新しく飾り付けする」
このパターンは初めてでした。
普通、お仏壇を買われたお店で仏具は買われるものですが、
いつも紹介いただいてる方から、
「どうしても丸三さんの仏像と仏具で」
との事で承りました。

まず、選ばれた仏像が大きいサイズだったので、
普通に入らなかった時の為に、
向板(背板)が外れるかどうか確認。
6本の柱の内寸を細かく教えてもらって、
最悪、現場でお仏壇の部品を削る段取りで望みました。

結果、少し刃物を使って削る作業がありましたが、
現場では特に問題もなく、吊り物や具足等全て、
飾り付けが終わりました。
2重・3重にも、保険を掛けながら段取りするのが楽しかったのと、
他社さんの新しい金仏壇を、裏から覗く事が出来て勉強になりました。

その後、作業終了時間も遅くなったので、
翌日休みという事もあり、そのまま大阪の実家へ直帰しました。

hana.jpg
良い息抜きにもなりました。
ありがとうございます。

  • 8:18 | 投稿者: 田畑

■ 2014年5月 3日(土)

金箔押し

現在組立中の洗いのお仏壇。

上段を手直しした為、再度塗り直しました。

堅地下地本漆塗り蝋色仕上げです。

DSCF5012.jpg

塗り直したので金箔も押し直します。

金箔を押す(貼る)為には接着剤が必要です。

塗りがカシュー塗料・・・金箔押しの接着剤はなんでもOK!

塗りが本漆の場合・・・金箔押しの接着剤は漆でないと乾きません。

DSCF5013.jpg

DSCF5016.jpg

漆を刷毛で刷り込み、布切れできれいに拭き取り1号縁付金箔を押しました。

あとは漆室で乾かします。

これで明日から組立が再開出来そうです。

  • 20:11 | 投稿者: 三浦社長

■ 2014年5月 3日(土)

商品紹介をアップしました

本日は京都松栄堂製のお焼香です。

沈香、白檀を中心に丁字、甘松、龍脳などを微妙な調合加減で幾通りもの香りを生み出します。

  • 8:25 | 投稿者: 三浦社長

■ 2014年5月 2日(金)

商品紹介をアップしました

本日は仏教美術18点をアップしました。

仏画シールです。

使い方は色々。

  • 21:40 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る