スタッフブログ

スタッフブログ

2013年11月の記事

■ 2013年11月20日(水)

金仏壇の納品 その65

昨日、和歌山県のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_0258.jpg
国産16号サイズ、西用のお仏壇です。
元々は、下台込みで134㎝のお仏壇ですが、
お客様の物入れ上部に設置するため、
本体のみを使用することになりました。

どうして地袋付き仏間用のお仏壇じゃないのか?
と思われるかも知れませんが、
将来、息子様に受け継いでもらう時に、
下から置ける、それなりの物にしておこうとの事で、
下台付きのお仏壇にされました。
その時まで、下台は保管と言うことになります。

IMG_0259.JPG
本山受けの掛け軸、五具足等、お仏壇購入前に用意されていたので、
お仏壇に合うか不安でしたが、バッチリでした。

お客様、どちらかと言えば和歌山に近い私の実家と、
似たような方言で、父親と同い年なので、
とても懐かしく感じながらやり取りが出来ました。
ありがとうございました。
  • 9:24 | 投稿者: 田畑

■ 2013年11月12日(火)

冷え込んでいます

今朝は全国的に冷え込んだようで、
京都市内は7℃弱・・・一気に紅葉が進みそうな気温になりました。

通勤途中、前方でパトライトが光っているなぁと思ったら、
交通事故後の処理をしていました。
事故.jpg
車線とは反対方向を向いていたので、
赤信号なのに交差点へ無理矢理入った口でしょうか。
春先、私もこの近所で信号待ちの最中、後ろからぶつけられた経験があるので、
第二京阪側道、小椋IC〜久御山IC間は、常に注意して走行しています。
皆様、お気をつけください。
  • 9:03 | 投稿者: 田畑

■ 2013年11月 6日(水)

ロストテクノロジー

先日お預かりした、お洗濯のお仏壇。
箔押し・彩色をし易くする為、
欄間等の彫刻、付け彫り部分を取り外す作業をしました。

IMG_0231.jpg

雲鶴欄間、全体のデザインが見事です。

IMG_0229.jpg
右端の鶴。
首のひねり、右翼のうねり・羽を薄く見せる彫り、見事過ぎます。

IMG_02282.jpg
中央の鶴アップ。
繊細な彩色もさることながら、
表情のある顔、羽の切り方、細かい毛彫り、
10㎝程度の彫刻でここまで彫れるのか!?と、
正直ビックリしました。

今、これだけの彫刻を出来る人が、日本で何人居るのでしょうか?
もしかしたら、既に失われた技術になってしまっているかも?
(レプリカを作るのではなく、同じレベルの物をオリジナルで作る意味として)
ここ10年、デジタル技術はかなり発達しましたが、
アナログ技術は一気に退化したのかも知れません。
ま、この記録もデジタルなので、偉そうな事言えませんが。
  • 8:32 | 投稿者: 田畑

■ 2013年11月 4日(月)

扉の修理

先月、2年前に、上置きの唐木仏壇を購入していただいたお客様がご来店されて、
「母親が扉を焦がしてしまったので、見に来て欲しい」との事。
後日見に行くと、かなりの燃えたであろう焦げ方をしていたので、
その場で扉を取り外して持ち帰り→メーカーにて修理となりました。

IMG_0146.jpg

IMG_0148.jpg
表面の紫檀張り板から、中の心材まで焦げています。

メーカーに送って2週間後。
IMG_0209.jpg

IMG_0210.jpg
どこが焦げたのか解らないくらい、綺麗に修理されて戻ってきました。

早速、扉を取り付けに行き、お母様も安心されたようです。
「大事にならなかったのも、お父さんのおかげ」
とは言うものの、他所に住んでいる息子様は心配なので、
長いローソクは法事以外では使わないようにと、
固く念を押しされていました。

最近は、お手を合わせる時使い切りの、
5分・10分で消えるローソクの種類も増えておりますので、
心配な方は当店でお買い求めください。
IMG_0218.JPG

  • 8:27 | 投稿者: 田畑

■ 2013年11月 2日(土)

金仏壇の納品 その64

先日、福井県へ金仏壇を納品してきました。
その前に、お客様宅には仏間が無かったので、
こちらから大工さんを紹介して、
一間の押し入れを改造して、半間仏間に改造してもらいました。

押し入れ改造前.jpg
このような、襖・棚付きの押し入れでしたが、

IMG_0206.JPG
このように、高さ10㎝の床框に、
写真では見えませんが、仏間左上のコンセント配線込みで、
18号の金仏壇がピッタリ収まるように仕上がりました。
京都からは少し離れたお客様でしたが、
京都の大工さんが丁寧に仕上げてくれました。

IMG_0207.JPG
掛け軸は、西本願寺にて金襴表装を本山受けされました。

前回の静岡納品と打って変わって快晴の中、
北陸道を走りましたが、車が空いているので、
暖かさと相まってどうしても眠くなるのが少し辛かったですが、
全く問題なく遠方納品が終わると、心地よい清々しさが残ります。
ありがとうございました。
  • 8:46 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る