スタッフブログ

スタッフブログ

2013年3月の記事

■ 2013年3月31日(日)

巻障子と開山厨子の製作

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

早くも今日で3月も終わり、明日から新年度がスタートします。

昨日と今日で巻障子の建て合わせの準備と、開山厨子と須弥壇を仕上げました。

IMG_1838.jpg


IMG_1841.jpg

明日は午前中、滋賀県へお洗濯させていただく4尺巾の大型仏壇の引き取りと、午後からは大阪で障子の建て合わせに行きますので、かなりハードな一日になりそうです。
今日は早めに休もうと思います。
  • 18:16 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年3月30日(土)

父の田舎へ

水曜日、お休みをいただいて、父の田舎へ行ってきました。
奈良県榛原区宇陀市・・・市と付いていても、かなりの田舎です。
父の従兄弟さんに、新しく作った位牌を配達するのと、
父方の墓参りを兼ねた訪問でした。

IMG_2141.jpg
近くには、奈良時代の歌人、山部赤人のお墓があるような、
とてもとても古い集落です。

ご宗派は融通念仏宗、位牌の配達が終わってお墓に行くと、
亡くなられた方が入られる墓石の前に、
傘と杖が刺してあったり、かまぼこ板ぐらいのサイズの板を、
2枚T字状に組んで、画鋲が6つ刺してあったりと、
色々、宗派によって作法が違うのだなと勉強になりました。

この日は、両親と合流して行ったのですが、
お駄賃として、地元の銘菓を貰いました。
IMG_21452.jpg
「たこぼうずもなか」
たこの形をした薄皮の中に、甘さ控えめの小豆粒餡がギッシリ詰まっています。
添加物無しで作られていて、足は早いですがとても美味しいです。
とても有意義なお休みになりました。
  • 9:49 | 投稿者: 田畑

■ 2013年3月29日(金)

金仏壇の納品 その56

先日、山口県まで、金仏壇を納品してきました。
去年末、一度ご来店されて、ご自宅の地袋付き仏間と、
当店の地袋置用金仏壇の寸法を比べて、
3月のお彼岸前に再来店、ご成約いただきました。

IMG_9775.JPG
18号サイズのお仏壇を設置すると、見事なほどピッタリでした。
お客様、框より少しだけ背の高いお仏壇寸法を気にして、
自前でジャッキと、仮置き用の台を自作されてました。
何でも、自宅が傾いた時に、自分でジャッキを使って水平にしたそうです。
やはり、戦争を体験された年代の方は行動力が違います。

IMG_9776.JPG
お掛け軸は、今まで使っていた掛け軸をそのまま使い、
その他仏具は全て新調しました。
御文章は、大サイズを本山受けされたので、
御文章箱大と、台を経机横に置くよう飾りました。
遠方納品と言うことで、道順等色んな心配をしていただき、
ありがとうございました。


ちなみに、どこにも寄らないのももったいないので、
行きの山陽自動車道、宮島SAにて、厳島神社を遠目に見てきました。
IMG_9774.jpg
ちょうど、カップルの立っている向こうの島に、
厳島神社の鳥居があるそうです。
天気が良ければ、肉眼で見られそうですね。
事故も無く無事に遠方納品が終わって良かったです。
  • 8:59 | 投稿者: 田畑

■ 2013年3月27日(水)

欄間の建て合わせ

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

DSCF3229.jpg


本堂は新築で仏具のほとんどを修復の場合、設計段階で沢山の打ち合わせをします。
今回は本堂の大きさが敷地の関係上、以前の本堂よりも少し巾が狭くなりました。
この為両余間の欄間、襖などの巾を縮めます。
しかも本堂のデザインや構造上から、どうしても入らない欄間が2箇所出来ました。
これを確認する為に昨日は建て合わせに行きました。
そして、やっぱり入りません。
何通りかの方法を現場で思いついたので、本日職人さんと再度打ち合わせし改善したいと思います。
  • 7:55 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年3月26日(火)

厨子修復 その1

須弥壇製作の次は厨子の組立です。

DSCF3216.jpg


金箔押しの前に仮組みしてあるので組立自体はあっと言う間に終わります。

DSCF3228.jpg

唐戸の建て合わせさえ上手くできれば出来たも当然。
と、思ったら扉の金具の長さが合いません。
修復した際に長さの調整を間違えたようです。
急遽職人さんに戻して、やり直しです。

今から欄間の建て合わせに行って来ます。
うまく納まりますように。
  • 7:36 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る