スタッフブログ

スタッフブログ

2012年8月の記事

■ 2012年8月17日(金)

大文字送り火2012

毎年屋上から見ている京都の大文字送り火。

IMG_1505.jpg

真ん中の小さいオレンジ色が大文字です。
なんとか屋上から見えています。
1階ガレージでは次男坊とその友達数名で花火をしています。
そして本日無事44才を迎えました。
1年が過ぎるスピードが毎年早くなっていくようで・・・。
  • 15:58 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年8月16日(木)

盆休みと集中豪雨

私事ながら、14日・15日と盆休みをいただいて、
家族、と言っても奥さんと2人ですが、ゆっくりしました。

ですが、ゆっくりしようとした14日朝5時から7時にかけて、周辺地域で集中豪雨。
激しい雷雨が2時間も続いたのは初めての経験でした。
地域の時間降雨量を更新したとか。

IMG_1825.jpg

雨も上がって、さぁテレビでも見て確認しようとすると受信出来ず、
ツイッター等で上がってくる情報では、
JR高槻駅前、阪急寝屋川市駅は冠水と、意外と被害が出ていて驚きました。

近所では、JRの踏切付近で冠水があってお昼過ぎまで不通。
通勤で使う高速道路下の側道は、高速道路通行止めの為、午前中大渋滞。
京都に出るのが困難だったようです。

おかげさまで、ベランダの鉢植えが1つこけただけの被害で、
我が家はおだやかな休日を過ごしました。
どこに出かける訳でもなく、近所のスーパーへ買い物に行き、
家で三食とも済ませて、いっしょに昼寝をして、いつもと同じ時間に寝る。
今年も、良い盆休みになりました。

  • 8:33 | 投稿者: 田畑

■ 2012年8月14日(火)

漆塗りその8

本堂漆塗り作業の最終、蝋色仕上げが先月末で終わりました。

DSCF3906.jpg


DSCF1753.jpg

今回は柱と上段框を現場にて堅地蝋色仕上げで作業しました。
上段下の板は金紙に彩色で蓮などを描くことが多いようですが、今回は工房で同様に塗り終えた板をはめ込みました。

DSCF1758.jpg

写真の撮り方が良くないので解りにくいかもしれませんが、蝋色仕上げの表面は鏡のように反射しています。
最近では現場でカシュー塗料を吹き付けで塗る方法もありますが、今回は伝統的な手塗りに拘りました。

  • 12:12 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年8月12日(日)

現代仏壇「離宮」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、現代仏壇「離宮」を納品してきました。
「離宮」は壁掛け仏壇ですので、設置作業込みの納品になります。

IMG_9363.jpg

マンション、和室の一角に設置しました。
今まで3本の壁掛け仏壇を設置していますが、
壁面が柔らかいボードで、プラスチックアンカー打ち込みは初めてでしたが、
綺麗に掛ける事が出来ました。

IMG_9364.JPG
ご本尊様と両脇掛け軸は、以前のお仏壇から受け継ぎました。
薄いお仏壇と言っても、4寸程の仏像なら飾ることが出来ます。
格子状扉のデザインが和室に映え、
省スペースなので満足していただけたと思います。
ありがとうございました。


「離宮」
材質:ウォールナット・メープル
高さ:90.6㎝
前幅:35.0㎝
奥行:17.8㎝
本体定価:¥305,000(税抜き)
  • 8:22 | 投稿者: 田畑

■ 2012年8月11日(土)

出張(埼玉〜茨城〜山形編)

今回の出張中は晴天で最高気温は30度を下回り、涼しく感じるぐらいの気温でした。
埼玉、茨城で仕事を終え、二日目は酒田市で打ち合わせです。
お昼前に到着したので空いた時間で日本海を眺めに行きました。

DSCF1770.jpg

DSCF1772.jpg

山頂は雲に覆われ見えなかった鳥海山。

DSCF1775.jpg

本堂の軒先には藁で作った馬が数匹ぶら下がっています。

ご住職と職人さんと私の3人での打ち合わせも4年程続いています。
ご住職には来る度に色々と教わることがあり、私はこの打ち合わを密かに楽しみにしています。
ご住職から新たな課題もいただき翌日は帰るのみ。
しかし、最近続けている出張中の寄り道をどこにするかが決まりません。
北陸道を走りながら考えていますと、「福井北IC」手前で「永平寺」の看板。
急遽行き先が決定しました。

曹洞宗二大本山の一つ横浜市鶴見区の総持寺は数年前に伺いました。
大都会にある総持寺とは反対に永平寺は山深い静かな山中にあります。

DSCF1776.jpg

DSCF1793.jpg

DSCF1812.jpg

平日でしたがお参りの方や観光の方々で思った以上にいっぱいでした。
帰り道、越前うるしの里会館を見学し、今回も充実した出張でした。
  • 18:21 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る