スタッフブログ

スタッフブログ

2012年7月の記事

■ 2012年7月 7日(土)

漆塗り その6

昨日は西宮市のお客様に大日如来の仏像をお持ちしました。


ヨットハーバーのすぐ横の高級住宅街。
ダイニングからは水平線が一望出来ます。
昨年末から「近くに来る時に寄って下さい」というご依頼でしたが、私とお客様の都合がうまく合わず半年以上掛けてやっと納品出来ました。

納品後は茨木の現場です。
3回目の下地後、研ぎの作業が終わりました。
一昨日からは下塗りに入りました。

DSCF1630.jpg

DSCF1632.jpg

最終の仕上げが「総蝋色」という仕上げにする為、木地直し、下地作業に時間を費やしました。
ここからは1回1回しっかり乾かしながら、中塗り、上塗りに掛かります。
  • 7:50 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年7月 6日(金)

東洋+西洋=伊東忠太

当店南側に「伝道院」という建物があります。
西本願寺から門前町に入って少しすると現れる異質な建物。

伝道院-2.jpg

教会の様にも見えるこの建物は100年前に竣工した「真宗信徒生命保険会社」の建物でした。
現在は「伝道院」として西本願寺が所有しています。

昨日、大阪くらしの今昔館で現在開催されている、「東洋+西洋=伊東忠太」を見に行きました。
伊東忠太という人物が設計した建物で有名なのは、築地本願寺や平安神宮、祇園閣など。
どれも西洋の香りのする建物が多いようです。
私が生まれた時には当然ありましたし、小学生の頃には弟と壁にボールを当ててよく遊びました。
その頃は知り合いのお寺様も伝道院内で仕事をされていましたので、「探検だ!」などといってはよく潜り込みました。
現在だと完全に怒られます。

展示されている写真の中に伝道院に写り込む当店の昔の写真がありました。
浅治郎さんがこの場所に来た当時の写真だと思います。
懐かしい写真に出会えた事に感謝です。

  • 7:43 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年7月 3日(火)

現代仏壇「アルデバラン」の納品

昨日、京都市内のお客様宅に、
現代仏壇「アルデバラン」を納品してきました。

IMG_9288.jpg

2012年新作のアルデバラン。
この写真は開いた状態のお仏壇本体です。
高さ110㎝、40㎝四方の、閉じると柱のようなお仏壇。

aru.jpg
閉じると、このような感じになって、
どの方向から見ても同じデザインになります。
強化ガラスを置いた天面には、お位牌やご本尊を置くことが出来、
お仏壇本体内のLED照明が透過されます。
底面はステンレスの板を張ってあり、転倒防止の役目をしています。

IMG_9289.jpg
お客様は、ご本尊・位牌共に、中で祀るそうです。
五具足は「紫香楽」 お位牌は「春秋」4寸です。

一番上の写真、本来ならお仏壇の背上は何も掲げないのですが、
お亡くなりになった奥様が製作された、レリーフを掛けてあります。
インストラクターをされていたとか。
このお仏壇にはピッタリだと思います。
ありがとうございました。


「アルデバラン」
材質:人工突板・MDF・ステンレス・強化ガラス・アクリル
高さ:110.0㎝
前幅:40.0㎝
奥行:40.0㎝
本体定価:¥400,000(税抜き)
  • 8:20 | 投稿者: 田畑

■ 2012年7月 2日(月)

京都パープルサンガとおりんちゃん

昨晩、西京極総合運動公園で行われた、京都パープルサンガVSファジアーノ岡山戦におりんちゃんをよんでいただきました。

IMG_1435.jpg

ハーフタイムに下京区のマスコット「シモンちゃん」といっしょに紹介していただきました。
試合直前まで京都市内は降ったりやんだりのお天気でしたが、試合が始まる頃には良いお天気になりました。

IMG_1433.jpg

パープルサンガのマスコット無茶苦茶強うそうな「パーサくん」、癒し系のおりんちゃんとは対照的でした。

IMG_1428.jpg

選手の人たちと同じ目線で試合を見ることは滅多にないので良い機会をいただきました。
  • 8:51 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年7月 1日(日)

漆塗り その5

昨日の関西は暑かった。
東大阪、茨木、尼崎、豊中、再度東大阪と大阪、兵庫を行ったり来たり。
今日の京都は朝から激しい雨が降ってます。
こんな日にお客さん来てくれるかな?

そんな天候の中、本堂漆塗りの作業は続きます。

DSCF1585.jpg


黙々と仕事をこなす職人さん。

DSCF1584.jpg

2度目の下地の最中です。
今日一日乾かして明日から研ぎに入ります。

今日から7月、田畑君のブログにもありましたが、早いもので丁度半分折り返しです。
お盆までの御仏壇の納品と、お盆後引き取りの御仏壇洗いの段取り、2ヶ寺分の寺院仏具の修復。
蒸し暑い京都の夏ですが、スタッフみんなでがんばります。

  • 8:53 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る