スタッフブログ

スタッフブログ

2012年5月の記事

■ 2012年5月15日(火)

唐木仏壇の納品 その64

先日、京都府内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_9263.jpg

半間、軸回し無し、地袋付きのお仏間。
柱内寸80㎝に18号サイズ、黒檀の唐木仏壇を設置しました。
お仏壇上には、長さ20㎝のスダレ。
10㎝ほど隙間が空いているのは、あえてそうしています。

まだ、新築の臭いが残っているような綺麗な和室にお仏壇。
「部屋が引き締まって見えて良いです」
と奥様のお言葉。
ありがとうございました。
  • 17:46 | 投稿者: 田畑

■ 2012年5月14日(月)

お焦げの修理

去年、唐木の上置き仏壇を購入していただいたお客様。
「ローソクの火で仏壇焦がしてしもて・・・」
お客様宅へ見に行くと、
IMG_1652.jpg
お仏壇の中で火を焚いたのか、焦げてしまっています。
塗装面だけでなく、張ってある板と内部も傷んでいました。

「これは、一旦預からないと直せませんね」
と言うことで、先月末に本体を預かり、
当店からは仮仏壇をお貸しして、
メーカーへ修理に出すこと3週間。

IMG_1684.jpg
どこが傷んでいたのか判らない仕上がりになりました。
小さいお仏壇だから修理してもらえないかも?
と、お客様は思っていたようですが、
お預かりして、お時間をいただければ、
綺麗に修理できます。

「これで、亡くなった父ちゃんに文句言われへんわ」
と笑顔の奥様。
ありがとうございました。
  • 15:58 | 投稿者: 田畑

■ 2012年5月11日(金)

湖東散策

昨日は20年前、4年間住んでいた彦根市へ久しぶりに遊びに行って来ました。
夢京橋キャッスルロードは彦根城のすぐそばにある、白壁と黒格子の意匠が統一されたお店が立ち並ぶ地区です。

DSCF1004.jpg

DSCF1005.jpg

城下町らしい町並みでした。

次に向かったのが彦根の北に位置する長浜市。
4年間彦根に住んでいたのに行ったことの無かった黒壁スクエア。

DSCF1011.jpg

DSCF1014.jpg

北国街道沿いに続く古い町並みに黒壁のお店が建ち並びます。
ガラス店が多い様子は小樽を思い出します。

毎度の事ながら子供が帰宅する頃には帰りたいので、買い物もそこそこに最後は近江八幡へ。
最後の目的地は、母親の実家から歩いて数分の八幡山の麓にある、たねや近江八幡日牟禮ヴィレッジで昼食をいただきました。

DSCF1032.jpg

DSCF1030.jpgのサムネール画像

店内は吹き抜けの町屋造りが生かされていて、平日にもかかわらず沢山の方で賑わっています。
私が小さな頃に度々遊びに来ていた八幡山の麓の思い出には無かった光景です。

黒壁スクエアも日牟禮ヴィレッジも、古い町屋を上手に生かした気持ちがゆっくり出来る町並みでした。
  • 7:43 | 投稿者: 三浦社長

■ 2012年5月 9日(水)

現代仏壇「コリドール」の納品

先日、市内のお客様宅に、現代仏壇「コリドール」を納めて来ました。

IMG_9250.jpg

マンションのリビング角に設置しました。
撮影直前、この位置に22号サイズの大きな金仏壇があり、
部屋に対してのサイズや、新仏様への供養として、
現代仏壇に買い換えられました。

当初は小さなサイズの現代仏壇を選んでられましたが、
金仏壇との落差を考えて、150㎝サイズのコリドールに変更されました。

IMG_9260.JPG
掛け軸は現代掛け軸を3幅。
藤色の具足を選ばれて、スッキリしたイメージ。
仏具を飾るスペースにも余裕があるので、
「150㎝は大きすぎるかな」
と思われる方も、実際にお使いになると、
手狭にならずお供え物を差し上げられるので、
とても便利だと思います。
ありがとうございました。


「コリドール」
材質:黒檀・本紫檀・パーロッサ
高さ:150.0㎝
前幅:56.0㎝
奥行:46.0㎝
本体定価: ¥1,105,000(税抜き)
  • 8:55 | 投稿者: 田畑

■ 2012年5月 7日(月)

繕い(つくろい)

お仏壇は毎日ご飯やお水、お花や供物を替えたりするので、知らず知らずのうちに少しずつですが傷つきます。
その細かな傷を治すのを「繕い(つくろい)」と言ったりします。
衣服を「繕う」のと同じ様な事でしょうか?

今日はその「繕い」をしに、奈良県御所市へ行って来ました。
お仏壇を買って頂いてから、17年経つとお聴きしましたが内部はピカピカで傷一つありません。
月1回必ず全ての仏具を出してお掃除されているそうです。
今回伺ったのはお孫さんが遊んでいて、お仏壇の横に立て掛けてあった丸太が倒れお仏壇に当たったそうです。
その為側面に無数の傷が出来ました。
1時間程掛けて、あくまでも応急処置的な繕いをしました。
「ついでにここもしといて」と金箔が剥がれた箇所も繕いしました。

IMG_1321.jpg

度々繕うと費用が高く付きますので、繕うのは何年かに一度で良いと思います。
そして、お仏壇を買われてから年数が永くなりますと、金箔の色が合わなくなります。
その為繕うのも限度がありますのでご注意下さい。
  • 17:20 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る