スタッフブログ

スタッフブログ

2011年11月の記事

■ 2011年11月13日(日)

現代仏壇「メヌエット1300」の納品

昨日、滋賀県のお客様宅へ「メヌエット1300」を納品してきました。

IMG_9025.jpg
120㎝幅の床の間中央に設置しました。
来店時、お客様は明るめの色か、黒塗りのお仏壇か、
とても悩まれていましたが
「間を取ってウォールナットはどうですか?」
と提案して、準備中のボレロⅡ(こちらのお客様ごめんなさい)を見ていただき、
高さ違いのメヌエット1300を選んでいただきました。

IMG_9024.JPG
床框の色とほとんど同じ色味で、このお仏壇にして良かったと、
喜んでいただきました。
匠シリーズのお仏壇ばかり、3連続で出るのは珍しいですが、
続くときは続く物です。
ありがとうございました。


「メヌエット1300」
材質:ウォールナット・メープル
高さ:127.7㎝
前幅:56.0㎝
奥行:46.5㎝
本体定価:¥703,500
  • 10:06 | 投稿者: 田畑

■ 2011年11月11日(金)

現代仏壇「ボレロⅡ」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ現代仏壇「ボレロⅡ」を納品してきました。

IMG_9010.jpg
昨日更新した、ワルツ18号の下台付き、引き出し3つバージョンです。
大きな3寸の大日如来座像と、大きな柱付き位牌をお持ちで、
それらがゆったりと入る、ボレロⅡを選ばれました。

IMG_9009.jpg
両脇の掛け軸のみ新規購入されて、
残りの仏具は、現在田舎でお持ちの仏壇から。

和室に良く似合うお仏壇ですね。
ありがとうございました。


「ボレロⅡ」
材質:ウォールナット・メープル
高さ:137.5㎝
前幅:56.0㎝
奥行:46.5㎝
本体定価:¥740,250


オマケですが、ワルツとボレロを同時に納品準備していたので、
IMG_9008.jpg
親子のような写真を撮っておきました。
そして、この準備中にまた、同じシリーズを希望のお客様が・・・
それはまた後日に。
  • 8:14 | 投稿者: 田畑

■ 2011年11月10日(木)

現代仏壇「ワルツ18号」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「ワルツ18号」を納品してきました。
ウォールナット製で、クラシカルな雰囲気が漂う、
落ち着いた現代仏壇です。

IMG_9001.jpg
観音開きの襖付き、地袋付き仏間に設置。
息子様が、いづれ自分のマンションに置くことになるから、
今の内に小さいのを選んでおきたい。
そう思われて、お父様と相談して上置きの現代仏壇を選ばれました。

IMG_9002.JPG
ご本尊は、現代掛軸ウォールナットSサイズ。
具足は、カナリアSを選ばれました。
オレンジが映えて綺麗ですね。
帰り際、息子様から丸三社員の接客が良かったと、
お褒めの言葉をいただきました。
これを励みに頑張りたいと思います。
ありがとうございました。


「ワルツ18号」
材質:ウォールナット・メープル
高さ:54.5㎝
前幅:45.0㎝
奥行:35.0㎝
本体定価:¥351,750
  • 8:21 | 投稿者: 田畑

■ 2011年11月 8日(火)

出張(山形〜千葉編)

酒田市での仕事も終わり、次の目的地は千葉県松戸市。
10数年前に私が納品したお仏壇を京都に移動するお仕事です。
10数年前ご主人を亡くされた時にお買い上げ頂いたお仏壇。
この度奥様もお亡くなりになり、子供さんの居られる京都でお祀りすることになりました。
無人になったお宅を普段面倒を見ていただいているご近所のご主人に立ち会っていただき、お仏壇を引き取りました。
立ち会っていただいたご主人はご親戚関係でもないのですが、お亡くなりになったご夫婦をご自身のご両親のように慕われてきたそうで、お亡くなりになった後の面倒も見られているそうです。
色々とご主人のお話を聞いて、血の繋がり以上の繋がりが有ることをうらやましく思えました。
昨日、無事にお仏壇を京都のお家に設置でき、皆さんに喜んでいただきホッとしています。

  • 14:35 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年11月 6日(日)

出張(山形編2)

今回の頂いた仕事は大きく分けて二つ。
その一つが「釈迦一代記」。
お釈迦様が誕生されてから亡くなられるまでを、本堂外陣に描くというお仕事です。

DSCF3382.jpg

直接壁に描くのは時間や労力、費用的にも大変になるので、本堂壁に合うパネルを事前に製作し、京都の工房にて職人さんに描いていただきました。
地元の大工さんにも手を借りて、無事に取り付け完了。
出来上がりは後日お披露目したいと思います。

DSCF3386.jpg

DSCF3390.jpg

夕方日本海側に沈む夕日とその夕日に照らされる鳥海山。
一日がんばったご褒美のような夕日でした。

DSCF3391.jpg

そして残業。
作業中に外れた幢幡や天蓋の瓔珞をつなぐ作業です。
夕食を頂き、お風呂に入って黙々と1時間。
疲れていたのか焼酎を一杯飲んで、その日はぐっすり眠りました。
  • 7:42 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る