スタッフブログ

スタッフブログ

2011年8月の記事

■ 2011年8月17日(水)

2011五山の送り火

2転3転した五山の送り火。
曇り空のもと8時に点火されました。

DSCF3041.jpg

年を追う毎につれ少しずつ見えにくくなって来ていますが、なんとか今年もお店の屋上から見ることが出来ました。
写真の「大」の字の下にうっすら見えているのは、元植柳小学校の校舎です。
当店から大文字を見て少し右側で月を見ることが出来ました。

DSCF3044.jpg

まるで送り火に照らされてオレンジ色になったような月です。
前日に撮った写真がこちら。

DSCF3037.jpg

伝道院の横にある月を撮りましたが、こちらは明るい月です。

被災地の木材を使うことで物議を醸し出した今年の送り火。
残念なことに木材を使うことは出来ませんでしたが、亡くなられた方をあの世に無事送りたい気持ちは皆同じだと思います。
本当に多くの方々のご冥福をお祈りします。

そして毎年のことですが、本日また一つ年を取らせて頂きました。
元気で年を重ねることが出来ることに感謝です。
  • 7:39 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年8月14日(日)

2011お盆

今年もお盆の季節がきました。
日本人にとって今年のお盆は、今までにないお盆になるような気がします。
身近なご先祖を想い浮かべるだけでなく、震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を改めて祈る、今年はそんな特別なお盆です。



震災後、未だ解決の糸口が見えない原発。
拡がる汚染の影響と風評被害。
追い打ちを掛けるような円高、株安、金や燃料の高騰。
このままでは日本はどうなるのでしょうか?
でも、日本人ならこの苦難を越えられます。
日本人の先祖を敬う気持ち、勤勉でこつこつと最後まで続けられる忍耐力。
困っている人を助けられる思いやり。
今年は改めて日本人の素晴らしい気質を発揮する年にしたいです。
  • 7:44 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年8月12日(金)

唐木仏壇の納品 その56

つい先程、滋賀県のお客様宅へ、唐木仏壇を納めて来ました。

IMG_8865.jpg
桑製18号仏壇を、半間地袋付き仏間に設置。
元々は、下台は通常サイズで地袋用では無かったですが、
IMG_8866.JPG
引き違い戸をカットして、高さを調整しました。
経机も色を合わせて製作。
お部屋との雰囲気もピッタリで、
これだけ統一感があると気持ちよいですね。

帰り際にいただいた、冷たい麦茶と水ようかん、
この暑さもあって、大変美味しかったです。
ありがとうございました。
  • 14:41 | 投稿者: 田畑

■ 2011年8月11日(木)

金仏壇の納品 その47

先日、滋賀県のお客様宅へ、金仏壇を・・・
正確には、4尺壇の宮殿及び仏具・ご本尊を修復して納品してきました。

IMG_8501.jpg

古仏壇から引き取って来た、元々の宮殿はこんな感じです。
パッと見は大丈夫ですが、所々崩れたりして、結構傷んでいました。

IMG_8497.jpg
三具足も、立派な物が緑青だらけになっていました。


IMG_8861.JPG
洗いをかけた物を、半間の仏間に納めました。
宮殿の屋根と、仏間幅がピッタリです。

IMG_8860.jpg
三具足も光り輝いています。
一尺五寸のご本尊様をそのまま使用するのに、
変則的な洗いになりましたが、
仏間に上手く収まって良かったです。
ちなみに、左側の180代サイズの法名軸は表装直しを。
三具足が乗っている前卓は、金具も含めて修理。
色んな業者さんに無理を言って、2ヶ月弱で完成しました。
ありがとうございました。
  • 15:18 | 投稿者: 田畑

■ 2011年8月 8日(月)

現代仏壇「アナベルダーク1300」の納品

先日、京都市内のお客様へ、
現代仏壇「アナベルダーク1300」を納品してきました。

IMG_8847.jpg
お馴染みのアナベルシリーズ。大人気商品です。
日蓮宗のお客様。
掛け軸が掛かっていないのは、お寺様でいただくそうです。
両脇の掛け軸は当店から持参したのですが、社長曰く
「本式では中央の曼荼羅だけで大丈夫」
だそうです。
ここは保留と言うことで、後日改めて決定する事になりました。

エレベーターの無い団地での納品。
ご主人様に仏具の配達を手伝っていただいて、
本当にありがとうございました。


「アナベルダーク1300」
材質:ブナ タモ シルバーハート
高さ:133.5㎝
前幅:48.5㎝
奥行:44.5㎝
本体定価:¥456,750
  • 11:30 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る