スタッフブログ

スタッフブログ

2011年4月の記事

■ 2011年4月30日(土)

法然、親鸞展

5月に入るとゴールデンウィークと御本山の法要でしばらく休みが取れそうに無いので、法然、親鸞展を続けて見に行きました。

IMG_0885.jpg

先ずは5月8日まで京都国立博物館で開催されている「法然 生涯と美術」。
平日の朝一番でしたが、高校生の団体と一緒になり館内は超満員。
今回の展覧会の目玉「国宝法然上人絵伝」。
国宝ということもあり沢山の人が食い入るように見ていました。
いつものように、私が個人的に欲しいと思ったのが、「京都報恩寺所蔵 重文牡丹蒔絵厨子」。
厨子の外部に牡丹の蒔絵が施されていて、三方開きの厨子内には雲上阿弥陀三尊が納められています。
厨子の高さが15cm位ですので、阿弥陀三尊はフィギア的な大きさでした。

そして京都市美術館では「親鸞展」が5月29日まで開催されています。
こちらでも「本願寺聖人伝絵」には沢山の人でした。

IMG_0887.jpg
一日で法然、親鸞師弟の展覧会を見られ、京都にいて良かったと思います。

10月25日からは東京国立博物館で「法然と親鸞 ゆかりの名宝」があります。
東京出張に合わせて見に行こうと思っています。

  • 7:33 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年4月29日(金)

おりんちゃん誕生パーティー

先日の火曜日、おりんちゃんの誕生パーティーを行いました。
スタッフだけでお祝いする予定が、下京区長さんと職員さんも参加していただきました。


《法要期間中のおりんちゃん》

IMG_0881.jpg

スタッフミーティング後から参加いただいた区長さんを囲み、門前町から植柳学区や下京区をもっと活性化出来ないかという話題で終始盛り上がりました。
「植柳学区毎月16日の清掃」から始まり、「おりんDE風鈴」、「本願寺お煤払い参加」、「植柳マップ」、「門前町カレンダー」、「おりんちゃん」、「しんらんさんぐるめ」。
植柳まちづくりプロジェクトの活動はまだまだこれからです。
  • 8:03 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年4月26日(火)

現代仏壇「シャンテ」の納品

先日、市内のお客様宅へ、現代仏壇「シャンテ」を納品しました。

IMG_8418.JPG
ウォールナット製で、無垢材を使用した、扉の曲線が美しいお仏壇です。
個人的には、ウォールナット製の現代仏壇で、一番好きなデザインです。

IMG_8419.jpg
日蓮宗のお客様で、質の良い白檀製の日蓮像をお持ちでしたので、
破損していた笏を修理させていただき、そのまま使用しました。
隣にあるピアノと、ウォールナットのお仏壇が良く合って、
喜んでいただきました。
ありがとうございました。


「シャンテ」
材質:ウォールナット・メープル・アクリル
高さ:131.5㎝
前幅:45.0㎝
奥行:41.0㎝
本体定価:¥635,250
  • 17:01 | 投稿者: 田畑

■ 2011年4月25日(月)

唐木仏壇の納品 その51

先日、上置きの唐木仏壇を、市内のお客様へ納品してきました。

IMG_8318.jpg
20号サイズ、紫檀製 前練り仕様。
お花に隠れて見えませんが、
須弥壇周りの曲線が美しいお仏壇です。
お客様は仏具をお持ちでしたので、灯篭だけをお付けしました。
元々は電気が入る仕様ではありませんが、
少しだけ加工時間をいただければ、上置き仏壇にも灯篭を吊る事が出来ます。

IMG_8319.jpg
聞くところによると、お客様はアメリカ在住が長くて、
現地ではお仏壇が売ってなく苦労したそうです。
日本に帰る事になり、まずはお仏壇を買わなければ!!
と思い立ち、当店に来られました。
で、当店を知ったのは、まるさんのブログと聞き、
ある意味、ワールドワイドだなぁと思いました(笑)

海外に住むと解る「日本の文化の大事さ」をお客様に聞き、
色々と勉強になりました。
「お仏壇が家に来て、これから安心して過ごせます」
こう、素直に言っていただけると、こちらも嬉しくなりますね。
ありがとうございました。


納品の帰り、
IMG_8320.jpg
川端通りの桜が満開でした。
この季節、誰しもが桜を愛でるのも、
日本人のDNAに染みついた、素晴らしい文化ですね。
  • 17:26 | 投稿者: 田畑

■ 2011年4月24日(日)

関西花の寺二十五ヶ所巡り 「興聖寺」

関西花の寺巡り、今回の締めは、花の寺14番「興聖寺」です。
舞鶴から、福井県小浜市を抜けて、若狭街道〜鯖街道と走り、
滋賀県高島市朽木村にあるお寺です。

IMG_8386.jpg

興聖寺のお花は藪椿。
IMG_8400.jpg
大きな木に、小振りの花が密集した感じで咲く椿で、
栽培品種と言うよりも、山地に自生する椿だそうです。

IMG_8399.jpg
こちらも、少し時期が早かったようで、
蕾ばかりの木が目立ちました。

国の名勝「旧秀隣寺庭園」が境内にある、曹洞宗のお寺。
拝観料を払えば、本堂の中も見学させてくれます。
IMG_8398.jpg
ご本尊の釈迦牟尼如来座像(重要文化財)は、
須弥壇を登って間近に見る事も出来ます。
右脇には33羅漢像。左脇には33観音。
後門裏には不動明王と、見所たっぷりの本堂。

そして・・・
IMG_8394.jpg
本堂内を我が物顔で歩く、人なつっこい猫に歓迎されます。
猫嫌いの私でも近寄ってくるこの猫。
何か、仏様の加護でも受けているのでしょうか?
私達が帰るときは姿を消していましたが、
新しい拝観客が来ると、どこからともなく現れて、接客をしていました(笑)

椿を見ると言う点では残念でしたが、
本堂内に猫と言う組み合わせが面白くて、
記憶に残るお寺になりました。

次は6月。篠山の永澤寺と、池田の久安寺へ行く予定です。


「興聖寺」
場所:滋賀県高島市朽木岩瀬374
TEL:0740-38-2103
拝観料:300円
  • 17:09 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る