スタッフブログ

スタッフブログ

2011年2月の記事

■ 2011年2月28日(月)

新人さん、いらっしゃい

2月も今日で終わり。
毎年、2月はお客様が少な目なのですが、
今年は毎週末にご来店いただけて、
結局、1月の少なさをカバーする形(あくまでも個人の接客ですが)になりました。

で、明日より、男性社員が1人入ります。
園部の伝統工芸大学校で木彫刻を専攻していて・・・
思いっきり自分とキャラが被ってしまいますが、
1年半に及ぶ、1人男性平社員状態が解消されるので、
3月からは、余裕のある仕事が出来ればなぁと思っています。
そして、彫刻の仕事を取られないように(笑)

ここで独り言。
他府県出身者が京都で住む・働くのは、けっこう大変です。
歴史がある地域だけに、地元住民の密着力が強い分、
よそ者扱いされる可能性がとても高いです。
そして夏は暑く、冬は寒い。
私は大阪出身ですが、隣同士でここまで違うのかと、
4年半カルチャーショックが続きました。
京都を悪く言っているのではなく、そういう文化に馴染めなくて、
結局、大阪の方と結婚して、大阪に住む事になりました。
関東出身の新人さんが、仕事の内容で悩むよりも、
この辺で悩むことのないよう、いっしょに仕事が出来ればなぁと思います。
油小路通から南を撮影.JPG

  • 16:04 | 投稿者: 田畑

■ 2011年2月26日(土)

関係者のイタズラ

暖かい日が続いています。
お仏壇を見に来るお客様も多く、
お彼岸1ヶ月前の、前哨戦と言ったところでしょうか。

ところで、昔、お寺などを作った大工が施工中、
見えないところにイタズラ書きをして、
現代になってそれが見つかり、
ニュースになる事がしばしばあります。

前置きが長くなりましたが、
築地本願寺のホームページがあります。
トップページを表示させてから、
右クリック→ソースを表示させ、下にスクロールさせると・・・
解る人には解る物が出て来ます。
これは、いかにも現代のイタズラだなぁと、
ニヤニヤしてしまいました。
  • 16:09 | 投稿者: 田畑

■ 2011年2月22日(火)

現代仏壇「ジュピター」の納品

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「ジュピター」を納品してきました。

IMG_8104.JPG
ガラス扉が特徴的な上置き仏壇。
設置場所の奥行きが不安でしたが、
ほとんどはみ出す事無く、安定して設置出来ました。

IMG_8105.JPG
ご宗派は真言宗様なので、
大日如来様の現代掛軸に、お位牌はアイガーを。
家具とお仏壇の色味が合って、お客様も喜ばれていました。
ネコちゃんを飼ってらっしゃるので、
普段扉を閉めていても、ガラス扉のジュピターなら安心です。
ありがとうございました。


「ジュピター」
材質:ニレ・アンバーガラス
高さ:60.0㎝
前幅:40.0㎝
奥行:36.0㎝
本体定価:¥236,250
  • 8:37 | 投稿者: 田畑

■ 2011年2月21日(月)

宗祖法然上人800年大遠忌念仏行脚

浄土真宗開祖親鸞聖人のお師匠様の浄土宗開祖法然上人の800年大遠忌が、今年つとまります。
その大きな法要の事業のひとつで、法然上人800年大遠忌念仏行脚が現在進行中です。
東京は増上寺から京都の知恩院まで30日をかけて歩かれています。
今日はその行脚の途中でお寄りになるお寺の一つ、大津の清徳院様にお手伝いに行きました。

IMG_0772.jpg

IMG_0775.jpg

IMG_0778.jpg


写真の中の前列9名の方が東京から歩かれたそうです。(中央は清徳院ご住職)
明後日、御本山知恩院に無事着かれることでしょう。
  • 18:29 | 投稿者: 三浦社長

■ 2011年2月21日(月)

浄安寺様にて「椿展」

前回のエントリ、卒展の後、お家へ帰る途中に、
久御山にある「浄安寺」様へ行って来ました。
IMG_8095.jpg
お仕事でもお世話になっていますが、
2月15日から開催されている「椿展」を見て来ました。

さすがに、今年のこの寒さで、境内で咲いている椿はチラホラ。
IMG_8098.jpg
この椿だけが、満開でしたが、
「浄安寺椿」と呼ばれる、ここだけの椿は、まだまだ蕾でした。

本堂に入ると、
IMG_8097.JPG
ズラッと生けられた椿達。
「ろうばいに、〜椿」
等、他の植物と組み合わせた、趣のある椿達。
IMG_8096.jpg
200種類以上の椿が、浄安寺様で植えられているそうです。
椿展は4月15日まで開催されています。
3月中旬頃には、かなり見頃になっているのではないでしょうか。

「浄安寺」
住所:京都府久世郡久御山町佐山双置80
TEL:0774-41-6036
無料駐車場有り
  • 8:46 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る