スタッフブログ

スタッフブログ

2010年11月の記事

■ 2010年11月 9日(火)

唐木仏壇の納品 その46

先程、市内のお客様宅へ、唐木仏壇を納品してきました。

IMG_7843.jpg
サイズは15号、紫檀製で、とても人気のあるお仏壇です。

IMG_7844.JPG
掛け軸は本山受けの藤表装。
シンプルなお仏壇には、この表装の掛け軸が、よく似合います。

設置・飾り付け・仏壇仏具の説明が終わったあと、
「あんたもよう見とき」
と、娘様がお母様に説明を受けていました。
子供さんには近寄りがたい物かもしれないですが、
身近に接して、先祖供養をしていただけたら、仏壇屋としても嬉しいです。
ありがとうございました。
  • 12:39 | 投稿者: 田畑

■ 2010年11月 8日(月)

現代仏壇「ルピナスダーク 1400」の納品

昨日、市内のお客様へ、現代仏壇「ルピナスダーク 1400」を納品してきました。
IMG_7837.jpg
ごく普通の和室に、隣にあるタンスと色目を合わせて、
お仏壇を選んでいただきました。
(お鈴は、仮に下に置いています。この後経机の上に置きました)

IMG_7838.jpg
宗派は、浄土真宗本願寺派。
ご本尊を木像にされて、他の仏具も現代風ではなく、
従来型の仏具を選ばれました。

このルピナスダーク・ライト1400も、
アナベルライト・ダーク、ミント1400と同じく、
お仏壇本体最下段がスライドして出て来る構造で、
使いやすさ、掃除のしやすさで人気があるお仏壇です。
ありがとうございました。


「ルピナスダーク 1400」
材質:ハックベリー・ナラ・メープル
高さ:139.0㎝
前幅:52.0㎝
奥行:43.0㎝
本体定価:¥425,250
  • 8:55 | 投稿者: 田畑

■ 2010年11月 6日(土)

黄檗宗萬福寺

今日は朝から草津市、守山市、大津市、それから宇治市をまわりました。
全てが順調にまわれたお陰で、最終のお客様との約束の時間まで1時間余りました。
どうしようか悩んでいた時、思いついたのが黄檗宗御本山萬福寺さん。
隠元禅師が中国から渡来し、開創された日本三禅宗の一つだそうです。

DSCF1688.jpg
《三門》

禅宗らしい静かで木々が美しい境内です。

DSCF1693.jpg
《天皇殿》

三門を抜けた正面に天皇殿があり、そこには見事なお腹の布袋さんがニコニコしながらこちらを見ています。
布袋さんの廻りには四天王立像、そして真後ろには韋駄天立像が安置されています。(韋駄天の仏像を見たのは初めてです。なかなかの男前です。)

DSCF1709.jpg
《大雄宝殿》

萬福寺の本堂大雄宝殿。
中央ご本尊は釈迦牟尼仏、両脇侍は十大弟子の迦葉、阿難の二尊者。
そしてその廻りに十八羅漢像が安置されています。

浄土真宗、浄土宗などのきらびやかな本堂と違い、禅宗のお寺は非常に地味です。
しかし萬福寺は臨済宗、曹洞宗などの本堂とはひと味違う、大陸の文化が取り込まれている独特の本堂のように感じました。
そしてその仏具のデザインが他に類を見ない物が多く、非常に勉強になります。

一般寺院では撮影禁止が多いのですが、何故か萬福寺はその案内が無かったような?
もし、撮影禁止でしたらごめんなさい。

  • 18:23 | 投稿者: 三浦社長

■ 2010年11月 5日(金)

展示会

以前にも書いたと思いますが、宗教用具業界の展示会というのが、東京や大阪、そして京都などで年に数回あります。
メーカーさんや問屋さんが新商品などを発表したり、新規の取り引き先を探そうと一生懸命がんばってられます。
昨日と今日は京都で開催されました。
私は所用もあり二日間とも会場に足を運びました。
この展示会、地方からも沢山の同業者の方が来られます。
そして毎年の如く、京都市内の仏具店を素人の顔をして廻られます。
本日も私の留守中、お越しになったようです。
お仏壇の展示の仕方や商品構成などを見られるようですが、中には商品を触ったり、見積書を要求したりと悪質な方も沢山おられます。
本日帰社しますと我が奥さんは、悪質な方が来られたので、商品を買ってもらったそうです。
(さすが怒らせると怖い我が最愛の奥様です。)
  • 18:06 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る