スタッフブログ

スタッフブログ

2010年7月の記事

■ 2010年7月17日(土)

金仏壇の納品 その30

IMG_7477.jpg
梅雨明けした青空の下、
本日、兵庫県まで金仏壇を納品してきました。

IMG_7485.JPG
20号サイズ、浄土真宗本願寺派本式の、高級金仏壇です。
先月、静岡のお客様に納めた物と同じお仏壇です。
上の写真を見ると、お部屋に対して仏間はどういう状態なのか?
と疑問に思うかも知れませんが、

IMG_7487.jpg
横から見るとこういう感じになっていて、
和室の一角に別注した仏間を置いた仕様です。
大工さんに注文して、このような据え付けも可能です。
お仏壇の見栄え、キズの付きづらさ、持ちも良くなります。

IMG_7486.jpg
掛軸は本山受けされて、両脇は九字十字名号にされました。
真宗大谷派(お東)ではポピュラーな組み合わせですが、
お西さんでも問題ありません。
お寺さんによっては「これが正式だ」というお寺様も。

雨も降らず良い納品になりました。
ありがとうございました。
  • 13:04 | 投稿者: 田畑

■ 2010年7月16日(金)

金仏壇の納品 その29

先日茨城県龍ヶ崎市に18号の金仏壇を納品しました。
地元の仏具店さんの見積もりと比較して、価格的には高かったのですが当店で決めて頂きました。


ご宗派は浄土真宗本願寺派で本式の仏具をお入れしています。
しかも正面は本漆を塗りながらお値打ちに仕上げましたので、大事に扱って頂ければ幸いです。

龍ヶ崎市納品後、次は横浜市へ現代仏壇「ギルド」の納品させていただきました。

ここ数年はほぼ毎月関東に出張していますが、この数ヶ月、関東出張中に必ず起こる出来事があります。
それは、現代仏壇メーカー八木研の営業の人からの電話です。
電話の内容のほとんどは、「社長、〇〇日会社に居られますか?」という営業に来る日の問い合わせなのですが、それに対する返事は、
「これかれ日光です。」
「今は土浦です。」
「今、首都高です。」
「東京駅にいます。今から帰ります。」
今回も必ず電話があるだろうと思っていたら、案の定電話がありました。
「今、横浜です。明日の夕方戻ります。」
狙ったかのように出張中に電話がかかってきます。
来月上旬の出張中にもし電話があれば、GPSか何かを付けられているか少々疑いそうです。
  • 20:01 | 投稿者: 三浦社長

■ 2010年7月16日(金)

かなり目一杯

おかげさまで6月〜7月と、金仏壇をたくさん買っていただいて、
今が納品準備〜納品のピークです。
IMG_7476.JPG
その間にも、唐木仏壇を購入していただいたりして、
作業スペースが目一杯の状態で準備をしています。
こういう時、焦ってミスをする可能性が高くなるので、
なるべく整理しながら、作業するように心掛けています。
(忙しいのにあえて掃除をして、気分転換をしていると言う話も)

ついさっき、奥の金仏壇の準備が完了したので、
明日からの3連休は、頑張って金仏壇を納品させていただきます。
それが終わると、現代仏壇の納品準備が・・・
月末には、お仏壇検討中のお客様も来店されるし・・・
お盆まで目一杯です。
  • 16:39 | 投稿者: 田畑

■ 2010年7月12日(月)

唐木仏壇の納品その41

先週、京都市内に上置き唐木仏壇を納品してきました。
2月に納めさせてらった物と、同じお仏壇です。
IMG_7470.JPG
紫檀 四方練り オープン塗装仕上げ。
寸法 高さ69.5センチ、前幅50センチ、奥行42センチの本体に、
高さ10.5センチの引き出し付き増台を付けました。
と、増台を追加したのまで同じ仕様です。
前回納めた写真を見ていただいたのが、購入の決め手に。

IMG_7469.JPG
奥行きピッタリのスペースに、
切り欠いたカーテンは、お客様が取り付けたそうです。
マンション住まいの方に、クラシックな唐木仏壇はどうかな?
と思っていたのですが、設置の仕方でこれだけ見栄え良くなるものですね。
また1つ勉強になりました。
ありがとうございました。
  • 8:36 | 投稿者: 田畑

■ 2010年7月10日(土)

お鈴de風鈴

昨日は地域活性化「植柳町作りプロジェクト」の会合がありました。
昨年好評だった「お鈴de風鈴」の今後の予定や、来年の「親鸞聖人750回大遠忌」に向けて、新たな取り組みを打ち合わせしました。
来年だけでなく、今後の植柳学区と西本願寺との繋がりを熱く語る場となり、終始笑いの絶えない会合でした。
でも、一点だけ私からスタッフみんなに残念なお知らせをしました。
「お鈴de風鈴」というネーミングを使った商品が販売されたことです。
お鈴を使って風鈴を作り、それを「お鈴de風鈴」と名付け満足していたのですが・・・。
真似をされるのはこの業界では当たり前。
気持ちを入れ替えて新たな取り組みをしようと、前向きな発言があったのが救いです。
  • 7:58 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る