スタッフブログ

スタッフブログ

2009年10月の記事

■ 2009年10月31日(土)

唐招提寺〜薬師寺プチサイクリング

木曜日、定休日に奈良にプチサイクリングへ行って来ました。
まさか、火曜日に田畑君が薬師寺に行ったなんて。
しかもブログのアップが金曜日とは。
参りました。
でも、気にせずアップします。
田畑君は一人で行ったようですが、私は夫婦仲良く唐招提寺を見学後、自転車で薬師寺へ。
あまりに近い距離でサイクリングにもなりませんでしたが、好天に恵まれ少し汗ばむ程の陽気でした。

唐招提寺.jpg
《唐招提寺 経蔵・宝蔵》

11月1日に金堂の修理が終え、落慶法要があることも知らずに訪れました。
拝観は次の機会に楽しみに残しておきましょう。

そして、薬師寺へ。
薬師寺1.jpg
《薬師寺 金堂》 
堂内は撮影禁止なので見えませんが、本尊上の仏天蓋の見事な彩色が非常に印象的でした。

薬師寺2.jpg
《薬師寺 中門》

この門の左側に田畑君の書いていた、かわいらしい吽形(うんぎょう)像があります。
薬師寺を訪れた一番の理由は、数日前に中門南側通りを仕事で通った時、中門越しに見える金堂の薬師三尊が見えたからでした。

京都、奈良、滋賀と近畿圏はこの季節見所満載です。
  • 7:52 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年10月30日(金)

TASK祭2009「第14回学生作品展」

昨日、園部の京都伝統工芸大学校で行われている、
TASK祭2009「第14回学生作品展」に行って来ました。
木彫刻出身なので、まず木彫教室へ。
IMG_5604.JPG
丸額「波に老人と桜」
ほほー、今の2年は頑張ってるなぁと思ったら、1年の作品!!
4月に入学して半年でここまで出来るなんて、
才能ありまくりだなぁ。
人物を彫るのも凄いけど、桜の枝ぶりや質感が見事。

IMG_5607.jpg
彩色のコーナーには、獅子の木鼻が。
約7寸角のサイズを、破綻なく仕上げてるのは見事。
しかも女性の作品。力あるなぁ。
作った本人さんが居たので話を聞くと、
社寺彫刻の道に進みたいそうな。
正直、難しいけど頑張って欲しい。

IMG_5608.jpg
隣にはなぜか版画が。
これが今年入学したドイツ人さんの作品か。
外人さんが喜びそうな版画だな。
日本の木彫の技術を学んで、版画に役立てて欲しいもんです。

IMG_5605.JPG
去年見られなかった、卒業作品展の麒麟が展示してありました。
まさか立体作品だったとは・・・
しかも、プロの仕上がり。
これなら、お金持ちな人なら100万近く出すのでは!?
この方、園部に来る前は東大の教育学部出身・・・
頭も腕も良いとは、手も足も出ませんね(笑)

と、木彫だけ紹介しましたが、
他専攻も力作揃いでした。
日々、ダラダラと過ごしている自分ですが、
生徒さんの色んな作品を見ると刺激を受けて、
製作意欲が増して良いですね。
日曜日までやってますので、興味のある方は是非!!
  • 17:31 | 投稿者: 丸三仏壇店

■ 2009年10月30日(金)

平城宮跡〜薬師寺プチサイクリング

火曜日、お休みをいただいたので、
奈良にプチサイクリングへ行って来ました。
まず、出発の起点となる、駐車場が無料で便利な平城宮跡へ。
IMG_5578.jpg
平城遷都1300年の式場になる大極殿の復元が、
かなり出来上がっていました。
車を駐めて自転車に乗り換え、平城宮跡を南へ縦断。
IMG_5583.jpg
南の朱雀門、いつ見ても素晴らしいですね。
奈良市内の街中にポンとあるのもまた面白い。
ここから、さらに南下して薬師寺へ。
IMG_5584.jpg
これは、北側の興樂門。
ここから白鳳伽藍を見学。
IMG_5587.jpg
有名な三重の塔、東塔は今修復中なんですね。
ちょっと残念。

南側の中門には、お馴染みの金剛力士像が。
IMG_5585.jpg
こちらは吽形(うんぎょう)像。
今まで色んなお寺で見ましたが、一番可愛らしいかも。
金剛力士像はリアルな彫刻が多いけど、
等身の低い・動きの少ない力士像も良いですね。

メインの金堂で、薬師三尊像を拝見。
撮影不可なので写真は無いですが、
両脇の日光・月光菩薩、本尊の薬師如来座像と、
素人目にも美しさが解る素晴らしい仏像でした。
もっぱら健康体な自分ですが、健康を祈っておきました。

色々見所のある薬師寺ですが、一番興味を持ったのは、
薬師如来座像の座ってられる台座の文様。
・ギリシャの葡萄唐草文様
・ペルシャの蓮華文様
・インドの力神
・中国の四神
と、シルクロードを西から東へ向かった国々が、
台座に集約されているのを見て、
悠久の歴史を感じる事が出来ました。

自転車で往復12キロちょっと。
疲れるか疲れないかギリギリの距離なので、
今の季節、サイクリング&寺社拝観にはピッタリではないでしょうか。
ちなみに、興福寺の阿修羅像と、正倉院展のおかげで、
奈良中心部は凄い人混み。
こちらはかなりの行列を覚悟しないと、見られないようでした。
  • 16:57 | 投稿者: 田畑

■ 2009年10月28日(水)

金仏壇の納品 その21

先日、滋賀県まで、お西さん用20号の金仏壇を納品してきました。
IMG_5579.jpg
地袋付きの仏間に、通常の高さから10センチほど下げた本体を設置。
20センチ弱のスダレを付けて、立派に飾る事ができました。
IMG_5580.jpg
地袋の手前には、30センチほどのスペースがあって、
経机を置くのにピッタリです。

こちらの仏間、最近の新築住宅に多い、
垂れ壁の無い背の高い仏間・・・
寸法は、幅75センチ、総高さ205センチ、地袋高さ40センチなのですが、
地袋とスダレを組み合わせて、
見栄え良くお飾りすることが出来ました。

新しく仏間を作られるお客様には、
パソコンを使って仏間・お仏壇の合成写真を作り、
イメージを出してから製作や改造に取りかかる事が出来るので、
とても好評です。
もし、仏間製作にお悩みでしたら、いつでもご相談承ります。
  • 8:51 | 投稿者: 田畑

■ 2009年10月27日(火)

金仏壇の納品 その20 と平等院

先週、この日がお客様のご都合が良いということで、定休日に金仏壇を納品しました。
年に数回は定休日に納品が重なります。(商売をしていると宿命ですね)
今回は久しぶりに夫婦で納品に行きました。

DSCF5916.jpg

御仏壇の大きさは18号。
御宗派は浄土宗。
浄土宗用の正式なお屋根を入れ、正面は本漆で国産品。
価格は木像の御本尊やその他仏具を入れても100万円以下。
かなりお得な御仏壇です。
今回は床の間横の押し入れを半分に仕切り、仏間へと改装しました。(当店大工依頼。施工費別途)

納品後子供が帰ってくる迄の時間で、近くにある平等院へ行きました。

平等院.jpg

天気も良く、人も少なかったのでじっくり散策出来ました。

その平等院の中で初めて見た物がこれです。

山号額(電装).jpg

山号額。(昔のお寺は山の上にあった為、その山の名称が寺号以外にお寺の名称についています)
どこのお寺へ行っても必ずある山号額ですが、普通は全て木製か金属製が多いようです。
しかし、こちらの山号額は木製の枠に、中央の文字部分はアクリル製で照明灯付きです。
何時照明が点くかは解りませんが、点灯時間には拝観者は居ないような。
でも、非常に画期的な山号額です。
一度お寺様に提案してみましょう。
  • 7:50 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る