スタッフブログ

スタッフブログ

2009年5月の記事

■ 2009年5月31日(日)

大佛師 松本明慶 佛像彫刻展

山形で職人と別れ、私は翌日福島市で現代仏壇の納品。
職人は仙台で知人と会う約束。
職人とは山形道のSAで別れるつもりでした。
SAで休憩中、職人から「仙台で松本明慶師の展覧会があるのですが、社長も一緒に行きませんか」と急なお誘い。
日本を代表する佛師の展覧会を見てみたいのと、宿に早く着いても退屈なだけなので、思い切って行く事にしました。
日本を代表する佛師と言っても一個人の展覧会。
ちょっと見物して帰ろうと軽く考えていました。

会場到着。(え!入場料800円。入場料まで払って見に来るのかな?)
しかし、いざ会場に入ると、なんと超満員!
展覧会最終日の終了間際1時間前です。
これぞ「満員御礼」。
しかも驚かされたのは人の多さだけではありません。
展示されている仏像の量。
在家用の仏像から、今までに師が製作し寺院に納入した仏像のレプリカまで。
軽く100体は超えているでしょうか。
現在仏具店で販売される8割9割は中国製であろう仏像の世界。
通常であれば京佛師に依頼しても、受注生産の為仕上がりに何ヶ月も要します。
そのような状況でこの展示数。
驚かされるばかりです。
京佛師の仏像をこれだけ一度に見る機会は無いと思い、終了時間いっぱいまで「かぶりつき」で見させていただきました。

細部の仕上がりも素晴らしいのですが、何よりも廻りと少し違う発想。
その発想を実現出来る規模。
会場に居られた師と話す機会にも恵まれ、短い時間でしたが良い勉強になりました。

DSCF5445.jpg
《大佛師 松本明慶 仏像彫刻展》 
  • 15:57 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年5月31日(日)

盆提灯の季節になりました

年々、展示・販売するのが早くなってきている感もありますが、
盆提灯の展示・販売を、本日から始めました。
IMG_4643.jpg
店内イベントスペースには、
木製・プラスチック製、サイズも多数揃えています。

従来の形の盆提灯もあれば、
IMG_4645.jpg
このような小さくて色んな形の提灯もあります。
特に、手前に写っている「竹蘭」と言う商品は例年人気です。

初盆を迎える前に、是非ご購入ください。


  • 10:13 | 投稿者: 田畑

■ 2009年5月30日(土)

山形出張その2

新潟県のお寺で仏具を預かった後、1年ぶりに山形へ出張に行きました。
2年前から始まっている仕事の打ち合わせで、京都の職人とは現地集合、現地解散となりました。
お寺では住職様、大工の棟梁、住職様知り合いの塗師、当社の職人と私の7名で、5時間近くの打ち合わせをしました。
来年に仕上がる予定の仕事でしたが、住職様の希望で最終の仕上がりの変更があった為、納期が1年先延ばしとなりました。
「私の最後の大仕事だから、満足出来る物を作りたい」という住職様の希望に添える為にも、職人共々がんばりたいと思っております。

お寺で昼食を頂いている時に、「おくりびと」のロケがお寺の近くであった事を聞きました。
帰りに見に行こうと思っていながら、すっかり忘れていて思い出したのが、次の予定地福島市に着いてから。(未だ「おくりびと」を見ていないので、次回の訪問までには見ておきましょう)

鳥海山.jpg
《未だ積雪の残る鳥海山》



  • 15:38 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年5月29日(金)

平等寺(因幡薬師堂)にて

先日、寺町通りの電気街やら、錦の商店街をブラブラした帰りに、
一度寄ろうと思っていた、因幡薬師さんに立ち寄りました。
因幡薬師堂と言うのは通称で、正式には平等寺。
平等寺.jpg
真言宗智山派のお寺で、
「京都十三仏霊場第七番札所」「洛陽三十三所観音第二十七番札所」でもあります。
ご本尊の薬師如来は、善光寺の阿弥陀如来、清涼寺の釈迦如来と
日本三如来に数えられています。

ご本尊は開帳されていないので見れませんでした。
でも、左隣に見えた大黒さんが、
愛らしい姿をしていたので、良しとしましょう。
大黒さん.jpg
大黒さんの右(と言うかこちらが中央ですが)の、
毘沙門天もなかなかでした。
三面六臂で憤怒の表情をした本来の姿の大黒天様も、
内陣まで入ると見られるそうですが、
残念ながらお寺の方が居て無くて見られませんでした。
(予約すれば良いっぽいです)

烏丸松原を東に一筋入って上がればすぐ、
町のど真ん中にある小さなお寺ですが、
近所の子供達が気軽に手を合わせに来るような、
どこか親しみのあるお寺なので、オススメです。


平等寺:京都市下京区烏丸松原上ル因幡堂町
  • 14:36 | 投稿者: 田畑

■ 2009年5月25日(月)

現代仏壇「アナベルライト」の納品

先日、宇治市まで現代仏壇を納品してきました。
「アナベルライト1300」
高さ133.5センチ、巾48.5センチ、奥行44.5センチ、
ブナ製のお仏壇です。

IMG_4626.jpg
畳を敷いた和室と洋室の合間のような8畳間。
収納扉と同じ色味で、とても部屋の雰囲気と合っていて、
お客様も喜んでいました。

IMG_4627.jpg
宗派は浄土宗。
ツゲ製の阿弥陀如来は、台座や光背の彫りが控えめな物に。
両脇の掛け軸も、あえて小さめのサイズにしました。

ちなみに、このお仏壇は本体下段全体がスライドして、
膳引きと兼ねる機構になっています。
扉を閉める時、仏具を出したりせずに済むので、
大変便利です。
今回のライトブラウン色の他に、
濃い目のダークブラウン色もあります。
上置きタイプもあるので、価格帯・デザイン共にオススメですよ。
  • 9:50 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る