スタッフブログ

スタッフブログ

2009年2月の記事

■ 2009年2月27日(金)

色々な仕事

世の中には私の知らない仕事がたくさん有ります。
今日来られたのが、火災などの実験をされている会社の研究員さん。
今、実験されているのが御仏壇の火災についてだそうです。
その実験に必要な部材を探しに来店されました。
差し上げた部材をもとに、いろいろな実験をするようですが、私にはさっぱり解りません。
こういう方々のお陰で、火災が少しでも減ればありがたい事です。
御仏壇からの火災が無いわけではありません。
蝋燭を付けたら必ず消す事をお忘れ無く。
  • 18:31 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年2月25日(水)

現代仏壇「ネプチューン」の納品

先日、亀岡市まで現代仏壇「ネプチューン」を納品してきました。
IMG_3748.jpg
今時と言いますか、来店された息子さんが、
携帯で写真を撮り、お父様へメールで送り、
仏壇・仏具を確認しながらのご購入でした。
今はお父様のお宅へ飾っていますが、
いずれ息子さん夫婦の元でお世話する事になるから、
「こういうので良いんや」
とおっしゃっていました。
現代仏壇は、このような考えの方が多いですね。

IMG_3749.jpg
浄土真宗本願寺派(お西さん)ですが、
ご本尊は仏像にされました。
今年に入って、ご本尊を仏像にされるお客様が多いような?
お客様の好みではありますが、
実像に対してお手を合わせるのは、
よりありがたみがあると聞きます。
当店では、各宗派・サイズ・材質と、
様々な仏像を取り揃えています。
色々な飾りを見てもらって、
ご購入していただきたいと思います。
  • 9:53 | 投稿者: 田畑

■ 2009年2月19日(木)

京都御所ゆかりの至宝

今日は非常に冷え込む中、京都国立博物館へ「京都御所ゆかりの至宝」展を見学に行きました。
22日までの展示ということで、平日にもかかわらずたくさんの人でした。

DSCF4878.jpg

私が楽しみにしていたのは新聞に掲載されていた「金装三葉葵桐紋蒔絵飾太刀」。
鞘に描かれた梨地に三葉葵の蒔絵紋、金具は五三ノ桐紋と唐草を透かし彫り、中程に赤と青色の七宝象嵌。
結局、たくさんの人でじっくりとは見れませんでした。
そして、このような催し物に来て、いつも思うのが「これを今、注文もらったらいくらかかるやろ」と無意味な計算をしています。

現在常設展示場が工事中の為、余った時間でお向かいの三十三間堂へ。
何度来ても迫力のある仏像の数々。
修学旅行生の声が気になる以外はゆっくり出来ます。
DSCF4881.jpg

  • 15:44 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年2月17日(火)

唐木仏壇の納品 その16

本日、奈良県田原本町へ唐木仏壇の納品に行きました。
会長のいとこの方なのですが、私から見ればどんな間柄になるのでしょう?

DSCF4877.jpg

亡くなられたご主人様が新築時に、仏間の製作を強く望まれていたそうです。
床の間の柱、框と同じ色合いの紫檀の御仏壇を選ばれ、きれいに納まったと思います。

納品後、次は東大阪へ。
数年前にお買い上げ頂いた金仏壇の柱が反っているとお電話がありました。
半信半疑で伺うと、左の柱が明らかに反っています。
今まで見た目には解らないような反りはありましたが、ここまではっきり解るのは今回が初めてです。
早速柱を取り外し持ち帰りました。
御彼岸に間に合うようにしなければ。
  • 18:33 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年2月16日(月)

現代仏壇に合う仏像

お若い夫婦が「真言宗の仏像を探している」と言うことで、
先日接客しました。
既に、他店で現代仏壇を購入されているので、
その仏壇に合ったサイズと色のご本尊&両脇侍を色々見られて、
後日再来店してもらい、楠のお仏像3体を購入していただきました。

話を聞いていると、仏壇を購入するにあたって色々調べている内に、
仏像にも興味を持たれて、ついつい拘ってしまったそうです。
そして、とあるお店で、
「現代仏壇に3体仏像を置かれる方は、100人中1人ぐらい」
と言われたそうです。
それを聞いて、
「いや、従来の常識から離れて自由な発想な現代仏壇なのに、
それは矛盾してると思いますよ」
と、思わず口にしてしまいましたが、
そこに納得していただけたようで何よりでした。
IMG_3758.jpg
当店では、現代仏壇メーカーの仏像だけでなく、
従来のお仏壇に使われる多彩な仏像を取り扱っていますので、
色んなバリエーションで選んでいただけます。

帰り際、
「家に帰ってからお仏壇に仏像を入れるのが楽しみですね」
と、こちらも嬉しくなるようなお買い物、ありがとうございました。
  • 14:15 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る