スタッフブログ

スタッフブログ

10. オススメ仏具

■ 2010年6月15日(火)

色々な仏具に家紋をどうぞ

[ 10. オススメ仏具 ]

来週お仏壇を納めるお客様から注文のあった、
お西さんの文章箱に家紋入れが仕上がって来ました。
IMG_7309.jpg
パッと見どこに!?って感じですが、
側面に元々入っている、五七の桐と下り藤の紋の間に、
家紋を入れさせてもらいました。
世界に1つだけのオリジナル仏具、良い供養になると思います。

そして、来月納めるお客様の打敷にも、家紋を入れさせてもらいました。
IMG_7308.JPG
上卓用の打敷にも入っています。

欄間の中央部分や、下台の猫戸部分に家紋を入れるだけでなく、
相談いただければ、色んな仏具に家紋を入れさせていただきますので、
お気軽にご要望ください。
  • 14:06 | 投稿者: 田畑

■ 2010年6月 1日(火)

こんな盆提灯もアリ!?

[ 10. オススメ仏具 ]

6月に入って、今年も盆提灯を展示する時期になりました。
「田畑君向けの提灯仕入れといたで」
と言われて、出し始めた提灯を見ると、

IMG_7265.JPG
ピ、ピカチュウの盆提灯じゃないですか!!
隣にはドラえもんも!
いやはや、メーカーさんは色々考えますねぇ。
展示はしていませんが、ゲゲゲの鬼太郎の、目玉オヤジのもあるそうです。
確かに、電気ポケモンなので、体が光ってもおかしくは無いか・・・
ちゃんと尻尾もあるし、アイアンテイルも出せますね。
何にしても、興味のある方は是非ご来店下さい!
  • 13:35 | 投稿者: 田畑

■ 2010年3月19日(金)

天経香(てんきょうこう)

[ 10. オススメ仏具 ]

先日、京都新聞を読んでいますと、お線香に文字を印字する事の出来る商品が掲載されていました。
数日後、取引の無かったメーカーさんですが、早速商品を持って営業に来られました。
香り、デザイン、そして京都市内でも数件しか卸さないという事で取り扱うことにしました。

2010_0318AD.jpg
《パッケージ寸法 縦17.5cm横10.5cm高さ2cm》

2010_0318AI.jpg
《一段16本入りが三段 合計48本入り》

2010_0318AK.jpg
《16本で般若心経が印字されています お線香の長さは14cm》

2010_0318AO.jpg
《およそ2mm角の線香に文字が美しく印字されています》

2010_0318AS.jpg

種類は般若心経、南無阿弥陀佛、南無大師編照金剛、南無釋迦牟尼佛、南無妙法蓮華経、先祖代々供養の6種類。
今までも南無阿弥陀仏等の文字が浮き出るタイプのお線香はありました。
天経香の特徴は小さな文字が潰れずに美しく印字されていることと、20文字以内であればお好きな文字を入れることが出来ます。
現在サンプルを作っているところですが、例えば「〇〇院〇〇〇〇居士十三回忌追善」等。
ご法事などの御供養返しにも良いかもしれません。

「天経香」 48本入り
般若心経:2,415円(1箱 税込)
南無阿弥陀佛、南無大師編照金剛、南無釋迦牟尼佛、南無妙法蓮華経、先祖代々供養:2,100円(各1箱 税込)
別注品:3箱単位です。2,100円×3箱=6,300円 文字印字代3,150円 合計9,450円(3箱 税込)

  • 9:07 | 投稿者: 三浦社長

■ 2010年3月13日(土)

[ 10. オススメ仏具 ]

暖かかったり、寒かったり、不安定な気候が続きますが、確実に春に向かっています。
もう少しで桜の季節。
店内では桜にちなんだ商品を展示しております。

2010_0313AA.jpg

ちょっとしたことですが、身近に春を感じて下さい。
  • 18:08 | 投稿者: 三浦社長

■ 2009年12月23日(水)

京位牌 その1

[ 10. オススメ仏具 ]

ある問屋さんから「御位牌も最近では中国製が主流です」と聞きました。
御仏壇の8割が外国製と言われる現在、御位牌が中国製でも不思議ではありません。
昨日納品した「潮路」、この厨子には御本尊はなく、無き奥様の御位牌を中心に安置されました。

2009_1222AA.jpgのサムネール画像

この御位牌、遠目では解りにくいですが、すべて京出来。

京上・吹蓮華巻足三重座 .jpgのサムネール画像のサムネール画像

櫛形吹蓮華巻足三重座。
総木製、総手彫り、総本漆蝋色、総純金粉、白蓮彩色。
難しい言葉が並びましたが、京都の職人がこだわって作った御位牌です。
もちろん文字は手彫りが良いかと思います。
月に数本しか注文がありませんが、それでも良さが伝わればと・・・。
製作期間は約1ヶ月。
早めのご注文をお願いしています。
  • 18:02 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る