スタッフブログ

スタッフブログ

10. オススメ仏具

■ 2018年8月27日(月)

綾パール540 蒔絵仕様のご紹介

[ 10. オススメ仏具 ]

八木研現代仏壇「綾パール540」に「唐草と雪の結晶」を蒔絵の技法で描きました。

IMG_0940.jpg

お客様のお好みの図柄を描く事も出来ますので一度ご検討下さい。

IMG_0939.jpg

御仏壇:「綾パール540 蒔絵仕様」

下台:「コンビライト」

本尊:スタンド型「友禅」

具足:バースシルバー

りん:「たまゆら パステル スノー」

  • 17:45 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年3月25日(日)

金メッキのオススメ

[ 10. オススメ仏具 ]

年に数回、お仏壇の吊り物である「輪灯」の金メッキを承る事があります。
仏具写真の整理中、金メッキ前、金メッキ後の写真が出てきましたので、
ご紹介します。

IMG_4705.jpg
金メッキ前、全部品。
真鍮製 磨き仕上げ、長鍵、5寸の菊輪灯です。

IMG_4706.jpg
ローソク球の付いた蓮型電球を付けていたせいで、
上記のお皿や五徳、押さえを紛失しているパターンがありますが、
このお客様はそのまま使用されていました。
無くなっている場合は、同じ寸法の物を新規用意する事も出来ます。

IMG_4709.jpg
傘もかなり変色しています。
昔は金属磨きで磨いていたけど、年を取って・・・
そんなお客様からのご依頼でした。

・・・約1ヶ月後。
IMG_2639.jpg
全ての部品がピッカピカになって戻って来ました。

IMG_2640.jpg
新品その物です。

IMG_2641.jpg
傘表面に背景が写り込むほどの輝き。

お時間はいただきますが、新調するよりかは若干お安く仕上がりました。
サイズが大きくなるほど、お得だと思います。
この後、お客様宅へ配達して、灯篭も込みでLED化して完了でした。

輪灯・灯篭・瓔珞をキレイにするだけでも、
お仏壇の雰囲気が劇的に変わりますので、
何かの節目に合わせて、ご検討いかがでしょうか。

  • 8:56 | 投稿者: 田畑

■ 2018年1月26日(金)

吹き流し

[ 08.仏壇仏具の製作 ]

吹き流しを製作しました。

吹き流しといいますと、一般的には風の向きや強さを目で確認するための物で、身近に見る物のでは鯉のぼりにもついています。

私たち仏具店が注文頂く物は、お寺に掲げられる吹き流しになります。

吹き流し.jpg

色は通常、緑、黄、白、赤、紫の五色になります。

今回は丸ではなく、平らな吹き流しを製作しました。

吹き流し平2.jpg

丸い口輪の吹き流しは既製品がありますが、平らな物は既製品が無いのですべて別注で製作します。

初めての製作になるので、取り付けの方法や強度、重量などを考えて材料を揃えました。

吹き流し平.jpeg

先日吹き流しを納品したお寺に別の納品があったのでお伺いしますと、しっかり風にたなびく吹き流しがありました。

5月の法要まで無事にたなびくことを願います。

  • 15:45 | 投稿者: 三浦社長

■ 2016年5月 8日(日)

楼門型位牌

[ 02. 社長のつぶやき ]

今回2種類の楼門型位牌を製作しました。

DSCF8593.jpg

ご注文頂いたのは中央と右の2本。

上の写真の右側の位牌が楼門型の定番の形になります。

京上・二重楼門 2 のコピー.jpg

シンプルですが伝統的で重厚さも感じられます。

仕様はもちろん胡粉下地、本漆手塗り、純金粉仕上げです。

そして中央のお位牌は「無地楼門(むじろうもん)」と呼ばれているお位牌です。

京上・無地楼門.jpg

定番の楼門形とは蓮台などの彫刻が無くなる事ですっきりしたデザインになります。

実は今回、もう一つデザインを変えてみました。

通常の楼門形は文字を彫刻する札板の側面に金箔や金粉を施しますが、今回は金粉を押さず代わりに糸面をとってそこに金粉を入れました。

DSCF8596.jpg

よりシンプルになるかと思っていましたが、逆に札板に金粉の輪郭が生まれ引き締まったように思いました。

当然こちらも伝統技法で製作したお位牌です。

通常メーカーさんで製作しているお位牌は数十本単位で製作する為、1本だけの仕様変更は出来ないことが多いようです。

当店の京位牌は一つ一つ職人が製作していますので少々の仕様変更も納期に余裕があれば可能です。

  • 7:46 | 投稿者: 三浦社長

■ 2015年5月 5日(火)

商品紹介をアップしました。

[ 02. 社長のつぶやき ]

京都伝統工芸品、上置き唐木仏壇のご紹介です。

崇開.jpg

秀悦「 崇 」

伝統技法で製作された現代の生活にとけ込む意匠が特徴です。

  • 7:37 | 投稿者: 三浦社長

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る