スタッフブログ

スタッフブログ

08.仏壇仏具の製作

■ 2018年5月12日(土)

勢いのまま

[ 15.仏壇修復 ]

洗い(修復)のお仏壇が仕上がりましたので、その勢いのまま以前から仕上げ待ちだった伝統工芸品のお仏壇の組み立てをしています。

IMG_5538.jpg

こちらが伝統技法による修復が仕上がったお仏壇です。

無事に納品が終わり、お客様に喜んで頂き一安心です。

IMG_5582.jpg

組み立てればすぐにでも店頭に陳列出来るのですが、なかなか手を付けられずやっと仕上げに入りました。

通常の京仏壇のイメージを変えるのに、少しだけ手を加えました。

お客様の反応や感想をお聞きして今後のもの作りの参考にしたいと思います。

  • 20:49 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年1月26日(金)

吹き流し

[ 08.仏壇仏具の製作 ]

吹き流しを製作しました。

吹き流しといいますと、一般的には風の向きや強さを目で確認するための物で、身近に見る物のでは鯉のぼりにもついています。

私たち仏具店が注文頂く物は、お寺に掲げられる吹き流しになります。

吹き流し.jpg

色は通常、緑、黄、白、赤、紫の五色になります。

今回は丸ではなく、平らな吹き流しを製作しました。

吹き流し平2.jpg

丸い口輪の吹き流しは既製品がありますが、平らな物は既製品が無いのですべて別注で製作します。

初めての製作になるので、取り付けの方法や強度、重量などを考えて材料を揃えました。

吹き流し平.jpeg

先日吹き流しを納品したお寺に別の納品があったのでお伺いしますと、しっかり風にたなびく吹き流しがありました。

5月の法要まで無事にたなびくことを願います。

  • 15:45 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年10月23日(月)

現代仏壇「綾パール540 蒔絵仕様」

[ 08.仏壇仏具の製作 ]

白色のお仏壇はインテリアにマッチすることもあり人気があります。

現代仏壇「綾パール540」は白色と言ってもパール色。

綾閉.jpg

同じように見える白色でも、きらきらと光る白色なので、白色の持つ少し寒々しい雰囲気はありません。

今回はこの「綾パール540」の扉に蒔絵の技法で、「洋風唐草に雪の結晶」と題した模様を描きました。

詳細は当店ホームページ内、現代仏壇に掲載しています。詳しくはこちらから。

  • 8:08 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年7月 7日(金)

切子灯籠

[ 08.仏壇仏具の製作 ]

お盆提灯と言いますと、

提灯1.jpg

軒先に吊すタイプや、

提灯3.jpg

御仏壇の前に据え付けるタイプなどが主流になります。

地方によってはもっと色々な形の物もあるようです。

ほとんどの場合、初盆の時にご自分で買われたり、ご親戚の方から初盆の御供えとして送られて来られます。

そして、毎年お盆になると軒先や御仏壇の前に設置されます。

今回は浄土真宗用の切子灯籠のご案内です。(御仏壇の前に吊すタイプになります。)

先ずは、真宗大谷派用(東)です。

切り子灯籠(東).jpg

そして、浄土真宗本願寺派用(西)です。

切り子灯籠(西).jpg

当店オリジナルで製作していますので、製作に1〜2週間要します。

現在店頭で見本を展示しておりますので、一度ご覧下さい。

  • 20:48 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年4月25日(火)

線香筒の製作 その1

[ 08.仏壇仏具の製作 ]

昨年、線香筒を1本見本で製作しました。

線香筒1.jpg

材質は桜材。

線香筒2.jpg

透き漆を数回塗り重ね、

線香筒3.jpgのサムネイル画像

良い色になったら研ぎ出し、胴摺り、蝋色磨きをしました。

線香筒4.jpg

材質が桜材なので、あまり木目を強調しない仕上げにしました。(蒔絵の加飾は家内に任せます)

今回はケヤキなど木目がハッキリしている材や、そうでない物などを取り混ぜて製作していますので、仕上がりはまちまちになります。

合計40本を製作。

塗りは完了しましたので、ここからは蝋色磨きに入ります。

  • 14:55 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る