スタッフブログ

スタッフブログ

09. 彫刻あれこれ

■ 2012年10月 9日(火)

何とか、無事に納品

[ 09. 彫刻あれこれ ]

先日「安請け合いは禁物」で書きましたが、
地域の祭事で使う、剣の鍔と、獅子の帯留めが仕上がりました。

IMG_9479.JPG
剣の鍔、左がオリジナル、右がレプリカ。
今まで彫刻してきた中で、一番難易度が高かったと思います。
重さを気にしていましたが、オリジナルとほぼ変わらない仕上がりになりました。

IMG_9517.JPG
獅子の帯留め、金箔押し直し。
オリジナルは下地後胡粉仕上げですが、
予算・強度を考えて、下地は本漆にしてあります。

とにかく、時間の読めない、彫ったことも無い物を、
軽く受けると大変な事になるのを、痛感した仕事でした、
綺麗に仕上がって、本当に良かったです。
関わった方皆さん、ありがとうございました。
  • 17:58 | 投稿者: 田畑

■ 2012年10月 5日(金)

お世話になってるあの方に

[ 09. 彫刻あれこれ ]

ここのところ、ブログをサボってましたが、
お仏壇の接客・準備・納品以外の空き時間は、
ひたすら彫刻をしていました。

この記事に出てくる職人さんが、とある展示会に祖師前(御代前)前卓を出すので、
その彫刻を早急にやってくれとの事。
期間は約2週間・・・短い!!
とりあえず、足部分の綸子彫りは新人N君におまかせして、
自分は三鳥、机四つ角の牡丹、脇の彫りを担当。
プライベートな時間も最大限に駆使して、何とか形になりました。

IMG_9462.jpg
時間の無い中で、見栄え良く、どこで簡素化するか?
良い勉強になりました。

IMG_9463.jpg
背面まで彫ってあります(そこは彫らなくて良いって言ったのに)

IMG_9464.jpg
良い仕上がりです。

いつもお世話になっている職人さんなので、
気持ちの込め方が少しだけ違うでしょうか?
最終的に展示が終わったら、まるさんに戻って来そうなので、
その時はまた、自分の時間の中で、
簡素化した部分をキレイに仕上げたいと思います。
  • 9:42 | 投稿者: 田畑

■ 2012年9月 8日(土)

安請け合いは禁物

[ 09. 彫刻あれこれ ]

とある、近所の会社の職人さん個人から持ち込まれたお仕事。
地元のお祭りで使う祭具の修復を頼まれました。

IMG_9240.jpg
奥にある、剣の鍔を新造するのと、

IMG_94133.jpg
獅子の形をした帯留めの修復です。

滅多に出来ない仕事と思い、請け負ったものの、
時間・費用共に、短く・安く見積もってしまって、
周りのあらゆる方に迷惑をかけております。
申し訳ありません。

ようやく、
IMG_9420.jpg
休日持ち帰り7日×6時間で木地が完成。

IMG_9428.JPG
表面をめくって筋の彫り直しが、約6時間で終わりました。

立体物なのも難しければ、オリジナルがあるので、
それに合わせて作る難しさを、身に染みて感じました。
箔押し作業、職人さん大変だと思いますが、
よろしくお願いします。
  • 14:58 | 投稿者: 田畑

■ 2012年8月22日(水)

彫刻、地味に続きます

[ 09. 彫刻あれこれ ]

お寺様の新本堂着工が遅れているのを良い事に、
ビックリするぐらい時間のかかった六鳥彫刻が、先日終わりました。
IMG_9355.JPG
現在、下地・色付け加工に入っていますが、
いつまで経っても終わらない作業に、
社長をやきもきさせてしまって申し訳ありませんでした。

これで、彫刻の仕事も一段落、と思ったら、
須弥壇の細物彫刻が残っていました。
サイズ違い2種類×8で16枚の唐草彫刻。
IMG_1823.jpg
これが、思った以上に時間がかかります。
使う刃物限定、まとめて刻んだり彫ったりして、
刃物を持ち替える回数を減らしてスピードアップ。
伝統工芸大学校在学中、同級生が先生の仕事を手伝っていたのを思い出しつつ、
もう少しで終わりそうです。
  • 8:49 | 投稿者: 田畑

■ 2012年6月24日(日)

先生訪問

[ 09. 彫刻あれこれ ]

昨日昼過ぎ、新人N君と、入荷した金仏壇の梱包を駐車場で解いていると、
見覚えのある男性が駐車場に。
二人して「あっ」と言うと、
伝統工芸大学校で彫刻を教えていただいた、S先生でした。

助手席には若い女性が・・・愛人か!?なんて一瞬ふざけた考えがよぎりましたが、
「N久しぶり〜」
と、N君と同期だった女の子でした。
何でも、二条城の修復(彫刻絡みだと唐門?)の仕事をさせてもらっていて、
新しく刃物を見立ててもらうのに、先生と一緒に来たらしい。
少し喋っただけですぐ帰ってしまいましたが、
N君は相当ドキドキしたそうです。

「あの子って、卒業作品展で何作ったん?」
「立体の百合ですね」
IMG_9272.jpg
これだ。
かなり上手い。

なかなかの実力の持ち主で、明るくて元気な女の子が、
彫刻の仕事をしているってのは、
業界にとって良い事ですね。
そして、卒業してからもちょくちょく顔を出してくれる先生。
いつもありがとうございます。
  • 12:01 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る