スタッフブログ

スタッフブログ

07. 現代仏壇の納品

■ 2019年7月14日(日)

現代仏壇「モカラ」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「モカラ」を納品してきました。

IMG_1463.jpg
簡素ながらオシャレな台の上に設置

チーク製のモカラ。
扉は無垢製削りだしで、柔らかなデザインと、
チークの木目と色味が人気のお仏壇です。
6年前にラインナップされてから、
途切れることなく当展で展示販売されています。

IMG_1465.jpg
掛け軸のサイズは20代

宗派は、浄土真宗本願寺派(お西)様。
お客様にて、本山受けされました。
仲の良い親子様。
お隣同士のお住まいで、安心してお参り出来ると思います。
ありがとうございました。

「モカラ」
材質:チーク
高さ:54.0㎝
前幅:44.0㎝
奥行:35.8㎝
本体定価:¥360,000(税抜き)

  • 12:43 | 投稿者: 田畑

■ 2019年6月16日(日)

現代仏壇「クレフ 540」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、市内のお客様宅へ、
現代仏壇「クレフ 540」を納品してきました。

IMG_1400.jpg
サイドボードの天面はガラス

ウォールナット製、18号サイズの上置き仏壇です。
ガラスの上に設置すると言うことで、
お客様が滑り止めを用意されていて、
その上に設置しました。

IMG_18401.jpg
右手前にお輪を置きました

宗派は浄土真宗本願寺派(お西)様。
スタンド型掛け軸3幅に、具足は紫香楽。
お鈴は佐張製の高級品を選んでいただきました。

お店に展示のないお仏壇でしたが、
同じ工場で製作している同材料のワルツを展示しているので、
色目や質感を見ていただけました。
ありがとうございました。

「クレフ540」
材質:ウォールナット
高さ:53.4㎝
前幅:43.4㎝
奥行:35.0㎝
本体定価:¥300,000(税抜き)

  • 9:17 | 投稿者: 田畑

■ 2019年6月 5日(水)

現代仏壇「マロウライト」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「マロウライト」を納品してきました。

IMG_1362.jpg
下台も含めてのご購入

ホワイトアッシュ製で、横幅のあるお仏壇です。
幅がある割に奥行があまり無いので、そんなに圧迫感無く、
幅があるおかげで、仏具はしっかりと置けるお仏壇です。

IMG_1363.jpg
バランスの取れた仏具飾り

宗派は浄土宗様。
柘植製の阿弥陀如来立像、両脇はスタンド型掛け軸、
お位牌はスピリッツ4寸、真鍮製の具足と、
現代仏壇では王道な感じの飾りです。

IMG_1364.jpg
収納経机を出したところ

椅子の有るスペイスⅡと悩まれましたが、
下台はスポットⅡ ナチュラルを合わせました。
ありがとうございました。

「マロウライト」
材質:タモ
高さ:50.6㎝
前幅:50.2㎝
奥行:33.5㎝
本体定価:¥320,000(税抜き)

ダーク色、ウォールナット仕様の「マロウダーク」もございます。

  • 17:31 | 投稿者: 田畑

■ 2019年5月27日(月)

現代仏壇「セダムダーク 1200」の納品

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、
現代仏壇「セダムダーク 1200」を納品してきました。

IMG_13190.jpg
琉球畳な和室に設置

楢製の高さ120㎝のお仏壇。
下台からは収納式経机が出てくるタイプです。

IMG_13200.jpg
経机の中にも収納スペース有り

奥様、設置場所に悩まれましたが、
お部屋・琉球畳の中心に置くとシックリ来てこの場所に。
デザイン的にも和室にも良く合うお仏壇です。

IMG_13210.jpg
扉の模様は「うづくり」

宗派は浄土真宗本願寺派(お西)
スタンド型掛け軸の阿弥陀様のみを迎えられて、
六具足は赤色箔仕上げの物を選ばれて、
お鈴もプリズムワインで合わせられました。
落ち着いた、格好の良い組み合わせになったのではないでしょうか。
ありがとうございました。

「セダムダーク 1200」
材質:ナラ
高さ:120.0㎝
前幅:50.0㎝
奥行:43.5㎝
本体定価:¥550,000(税抜き)

色違いの、セダムライト 1200もございます。

  • 9:28 | 投稿者: 田畑

■ 2019年5月26日(日)

彫っている内に

[ 07. 現代仏壇の納品 ]

六鳥彫刻。
次は桜を彫ろうと思ってましたが、ミシン挽きが間に合わなかったので、
前から挽いていた蓮に変更しました。

IMG_1322.jpg
木地寸法は160mm×45mm×17mm

今回の下絵は、お店にある常花を参考にして描きました。
彫っている内に、下絵から変わっていくのは、いつもの事です。
そのままだと、強度的にダメだったかも?
何度彫っても、巻いている葉っぱは難しいですね。
次こそ、桜に。

  • 11:00 | 投稿者: 田畑

最新の記事

過去の記事

このページの先頭へ戻る