スタッフブログ

スタッフブログ

05. 金仏壇の納品

■ 2018年12月27日(木)

金仏壇の納品 その98

[ 05. 金仏壇の納品 ]

新しい御仏壇で新年を迎えていただきたく、仕上がりが年末ぎりぎりになりましたが都内のお客様にお届けしました。

ご注文いただきましたのは伝統的工芸品の「角厨子」です。

IMG_1797のコピー.jpg

李朝家具との組み合わせがとても上品です。

角厨子の前にはアンティークの三具足とこちらも伝統的工芸品のりん。

中央には松久朋琳先生の御本尊が安置されます。

御本尊がお位牌よりもこころもち高くなるよう蒔絵で蓮を描いた「仏台」も一緒に製作させていただきました。

IMG_1260のコピー.jpg

今回製作しました「角厨子」は伝統的工芸品ですので、木地はくぎを使わない「ほぞ組」。

塗りは堅牢な堅地下地後黒漆を手塗り。

漆塗りの仕上げは研ぎ出し蝋色仕上げ。

縁付1号色金箔を2度押し。

真鍮製錺金具を消しいぶし。

IMG_1736-1.jpg

扉の取り付けが難しい構造になっていますが、無事きれいに仕上がりました。

御本尊と御位牌のみ安置出来るサイズで製作しましたので、見た目はコンパクトですが中身は堅牢な仕上げをしています。

良いご縁をいただきましてとても感謝しております。

  • 8:26 | 投稿者: 三浦社長

■ 2018年10月 1日(月)

金仏壇の納品 その97

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、大阪府内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_0742.jpg
床の間の一角に設置

国産16号サイズ、高さ109㎝・幅53㎝・奥行42.5㎝の金仏壇。
宗派は浄土真宗本願寺派(お西)
床框分で全高約120㎝になりました。

IMG_0743.jpg
両脇は名号

掛け軸は本山受け、藤表装。
仏具は、お西のオーソドックスなお飾りです。

IMG_0744.jpg
床軸は仏壇右に掛ける予定

写真では解りづらいですが、
床の畳とお仏壇本体の間に、
厚み19mmのメラニン板を敷いています。
メラニンの板なんて扱った事・・・
某ホームセンターに縦横ビンゴサイズの板があってラッキーでした。
お客様のご要望に応えられて良かったです。
ありがとうございました。

  • 16:18 | 投稿者: 田畑

■ 2018年5月 1日(火)

金仏壇の納品 その96

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、京都府内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_0237.jpg
襖で閉めるタイプのお仏間

国産20号サイズ、浄土真宗本願寺派(お西)用金仏壇です。
内寸幅90㎝弱、高さ175㎝程の仏間に設置しました。

IMG_0239.jpg
20号のお飾りは余裕があります

掛け軸は西本願寺様で、金襴表装50代を本山受けされました。

IMG_0240.jpg
無量寿と書いてあります

仏間用スダレと、無量寿の額を仏間上部に取り付けました。

IMG_0236.jpg
お仏壇と仏間全体

両方取り付けて、お父様に喜んでいただきました。
ありがとうございました。

  • 11:38 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月20日(火)

金仏壇の納品 その95

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

・現在お持ちのお仏壇本体を新しくしたい
・現在使用している下台はキレイなのでそのまま使いたい
・お洗濯や簡単な洗いをするには待てない

と言う事で本体のみ、今あるお仏壇とほぼ同サイズのお仏壇を、
新規購入する事になりました。

IMG_0140.jpg
まず、現在のお仏壇。
31年前購入で、そこまで本体は痛んでいませんでしたが、
ろうそくや線香で煤けた本体と欄間。
本体側面や大柱の金箔に、擦って剥げた後が目立ちます。

IMG_0141.jpg
そして、新規に納めたお仏壇。
幅は同じ、総高さは1㎝違いのお仏壇になりました。
仏具は灯篭・瓔珞以外はそのまま使用したので、
パッと見はほとんど変わりませんが、
いつも使われているお客様は、その輝きに満足されていました。

IMG_0142.jpg
ご本尊も虹梁に隠れることなく、高さ関係申し分なしです。

「3月中に全て揃えて、6月にある法事を何も悩むことなく迎えたかった」
応える事が出来て良かったです。
ありがとうございました。

  • 9:12 | 投稿者: 田畑

■ 2018年3月19日(月)

金仏壇の納品 その94

[ 05. 金仏壇の納品 ]

先日、京都市内のお客様宅へ、金仏壇を納品してきました。

IMG_0136.jpg
窓を背にして明るめに

国産、13号サイズ、上置き金仏壇。
下台は、家具調仏壇に使われるダーク色の物を合わせられました。
総高さ約110㎝で、購入されたお母様が座って手を合わせると、
ちょうど良い高さになりました。

IMG_0138.jpg
瓔珞は省略

宗派は、浄土真宗本願寺派(お西)様。
阿弥陀様を桧の木像、両脇侍を20代サイズの掛け軸にされました。
かなりの割合で本山受けの方が多いですが、
個人的にはこの組み合わせが好きです。

IMG_0139.jpg
大きめな膳引きがポイント

同じ黒塗りの下台は無かったのですが、
お客様は膳引きが出る下台を気に入られて、
家具調ダーク色の物を合わせました。
お仏壇のサイズから、どうしても小さめの供笥になるので、
普段はこの上に大きめの供物台を置いて使われる感じになります。

こちらのお仏壇は障子付きになりますが、
障子無しのバージョンも製作可能です。
オーダーで専用の下台を作ることも可能ですので、
興味のある方はお問い合わせ下さい。

  • 8:42 | 投稿者: 田畑

過去の記事

このページの先頭へ戻る