スタッフブログ

スタッフブログ

04. 寺院仏具の納品

■ 2014年4月21日(月)

祝、落成慶讃法要並びに住職継職法要

[ 02. 社長のつぶやき ]

昨年仏具一式の修復及び本堂内装工事をさせていただいた大阪府内のお寺様で、昨日落成慶讃法要並びに住職継職法要が営まれました。

DSCF4825.jpg

小雨が降り、少々肌寒い日でしたが沢山の方々のお参りがありました。

私も数日通い続け法要の準備のお手伝いをさせていただいたお陰か、当日は皆さんの前で感謝状を頂きました。

DSCF4802.jpgのサムネイル画像

ご住職の意向で、そのほとんどの仏具を修復さて頂きました。

DSCF4834.jpg

法要終了後スーツから作業着に着替えすぐさま後片付け。

無事に法要が済んだことで気が抜けたのか、ここ数日の疲れもあって夜はぐっすり眠れました。

色々な経験をさせていただきありがとうございました。

落成慶讃法要並びに住職継職法要、本当におめでとうございます。

  • 18:44 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年10月 4日(金)

椅子席

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

外陣で在家の方々が座られる椅子以外に、内陣でお寺様が座られる椅子も最近ご注文頂くことが増えてきました。


写真の椅子は国産でお手頃価格と言うこともあって良くご注文いただきます。
  • 20:59 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年10月 2日(水)

賽銭箱の修復

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

1ヶ月前にお預かりしました賽銭箱を、茨木市内にある神社に昨日納入しました。

DSCF3863.jpg


厚みのある部材で作られていましたので今回は修復をお奨めしました。
先ずは持ち帰り、素洗いとアク洗い。
その後破損箇所の木地直し。
もともと裏側に鍵付き扉が有ったのですが、蝶番が破損していた為なのか、釘で打ち付け開かなくなっていました。

DSCF3939.jpg

せっかくなので蝶番を新調し扉が開閉出来るよう木地調整。
雨水で悪くなっていた底板の一部も取り替えました。

DSCF3989.jpg

神社の紋を蒔絵で描き、既製品の賽銭箱と一緒に無事納まりました。
  • 8:04 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年8月 7日(水)

撞木の取り替え

[ 02. 社長のつぶやき ]

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

先月お預かりした撞木に使う棕櫚の木の加工が済んだので茨城県まで納品しました。
棕櫚の木は箒が有名ですが、撞木としても使われます。
梵鐘を痛めない適度な硬さが良いようです。

IMG_1974-1.jpg


今回は夏休み中の長男坊主と一緒です。
流石に高校3年生、力だけはありますので十分助かりました。
大気が不安定で途中何度も雨に降られましたが、上手く吊れたと思います。
近年、撞木も見栄えの良い物が発売されていますが、自然のままの棕櫚も味わいがあって良いですね。
  • 17:04 | 投稿者: 三浦社長

■ 2013年6月12日(水)

巻障子の取り付け

[ 04. 寺院仏具の納品 ]

【当店のお仏壇は97%以上が国産です】

雨が降る予報だったのに昨日も今日も風は強いですが晴れ間のある天気。
この蒸し暑さは身体に応えます。

先月末から今月にかけて新築本堂の飾り付けで週に数回は大阪通い。
ほとんど私1人で作業しているのでなかなか進みませんが、とにかく丁寧にしているので仕上がりはバッチリです。
今日は巻障子の取り付けです。
錺金具は会社で打っておいたので、現場では丁番を寸法を確認しながら打ち付けます。

IMG_1919.jpg


失敗をしたくないので何度も何度も確認しながら作業を進めます。
仕上がった写真を撮るのを忘れていましたが、無事に取り付け終了。
開け閉めの動作の微調整は後日有りますが、完璧な仕上がりに自画自賛です(笑)。
  • 19:36 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る