スタッフブログ

スタッフブログ

02. 社長のつぶやき

■ 2017年12月 9日(土)

延暦寺西塔釈迦堂内陣特別拝観

[ 02. 社長のつぶやき ]

現在、天台宗総本山延暦寺では西塔にあります釈迦堂内陣を特別に拝観することが出来ます。

延暦寺1.jpg

西塔駐車場から歩いて数分、「にない堂」をくぐると釈迦堂があります。

釈迦堂内陣に入って参拝する事は今回が初めてだそうで、沢山の方がお詣りに来られていました。

釈迦堂をあとにして伝教大師の御廟浄土院にお詣りに行きました。

ここ浄土院では伝教大師に仕えて奉仕する「侍真(じしん)」という職の方がおられ、「十二年籠山行」をされています。

延暦寺2.jpg

お天気は良かったのですが今年一番の寒気だったそうで、とってもおいしかった精進料理をいただいた後、今大人気の「梵字ラテ」をいただきました。

延暦寺3.jpg

現在根本中堂では本堂の改修工事の為の大屋根の取り付け工事が行われていますが、お詣りは普段通りに出来るそうです。

延暦寺4.jpg

根本中堂お詣りの後は除夜の鐘には少し早いのですが鐘楼の鐘を打たせていただきました。

そして最後は比叡山国宝殿を拝観。

半日ゆっくり比叡山延暦寺を堪能出来、あらためてここが日本仏教の母山だと感じました。

今回、私たち夫婦を招待、案内いただき、また、普通ではお会いする事が出来ない方々とお話しさせていただく機会をいただきまして、とても感謝しております。

この場を借りて御礼申し上げます。

  • 7:46 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年11月23日(木)

数珠供養

[ 02. 社長のつぶやき ]

本日は修学院にほど近い赤山禅院で、数珠供養が執り行われています。

毎年11月23日勤労感謝の日に行われるのですが、丁度お客様のお宅に伺う前にお詣りに行きました。

数珠供養1.jpg

数珠供養2.jpg

数珠供養3.jpg

2箇所ほどに設けられた大きな数珠をくぐってお詣りします。

午前10時から読経が始まるそうですが、既に沢山の方々がお詣りされていました。

数珠供養4.jpg

数珠供養5.jpg

お客様宅に伺う時間になったのでお詣りをしてお寺を後にしましたが、この後本堂前にある炉で護摩をされます。

当店では古いお仏壇のお引き取りの際に一緒に預かったり、数珠の買い換え時に古い数珠をお預かりし数珠供養へお持ちしています。

数珠供養6.jpg

  • 15:04 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年11月18日(土)

百花繚乱 浮世絵十人絵師展と桃源郷はここ展

[ 02. 社長のつぶやき ]

初めて行きました佐川美術館。

佐川美術館2.jpg

今回は「百花繚乱 浮世絵十人絵師展」です。

佐川美術館1.jpg

知らない人はいないだろう葛飾北斎や喜多川歌麿に写楽などなど。

浮世絵は私たちが見た事のないその時代の世相や風潮が描かれているそうで、一つ一つをじっくり見ていますとユーモア溢れる内容に知らず知らずの内に笑みを浮かべてしまいます。

佐川美術館から車で1時間、次はMIHO MUSEUMです。

山の中にある美術館なのでこのシーズンは紅葉も楽しめます。

ミホミュージアム.jpg

一雨毎に寒くなり、あっと言う間にあと一月足らずでお正月。

今年の美術館巡りもこれで最後かな?

  • 18:59 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年11月17日(金)

知恩院さんのライトアップ

[ 03. 京の毎日 ]

昨晩は家内と「久しぶりにライトアップに行こう」と東山に行きました。

浄土宗総本山の知恩院さんでは現在ライトアップをされています。

知恩院1.jpg

知恩院2.jpg

知恩院3.jpg

知恩院5.jpg

昨晩は風が無かったお陰で池に映る紅葉も美しく写真に撮る事が出来ました。

知恩院6.jpg

知恩院7.jpg

初めて見ました知恩院さんの巨大な梵鐘。

来月大晦日には除夜の鐘で毎年多くの方が訪れます。

四条〜祇園〜知恩院さん〜八坂さん〜清水さん。

ちょっと歩き疲れた定休日でした。

  • 8:08 | 投稿者: 三浦社長

■ 2017年11月 2日(木)

部門研修

[ 02. 社長のつぶやき ]

毎週2講義づつ行われました、部門研修も昨日が最後の講義でした。

錺(かざり)と蝋型(ろうがた)の研修です。

蝋型は蜂蜜の蝋と松脂を混ぜ合わせた物を用いて精密な鋳物を作る事が出来る技法です。

但し、鋳型が1度キリの為非常に高価になります。

仏具では主に具足(花瓶や燭台)の製作に使われます。

錺は仏壇仏具の装飾に用いる金具で「錺金具」の事です。

昨日の研修では祇園祭の鉾の錺金具の実物を見せて頂きました。

京都という土地で仕事をしていますと、こういうご褒美にありつけます。

研修会2017:11:1-2.jpg

鉾の屋根や柱の装飾金具で、これから修復するそうです。

研修会2017:11:1.jpg

講義では鉾の錺金具の歴史と携わった職人さんの名前やその時の工賃など、おもしろいお話しを聴く事が出来ました。

でも一番驚いたのが既に鉾の錺金具と同じ物を作る技術が途絶えているという現実でした。

これだけ科学的に進歩した現代の知識や技術でも、この当時の物を再現出来ないそうです。

  • 8:03 | 投稿者: 三浦社長

過去の記事

このページの先頭へ戻る