知っておきたいお仏壇のことQ&A

Q1

お仏壇はどうして必要なの

 
A

お仏壇とは亡くなった方を仏様として安置して、拝むだけのものではありません。神棚がお願いをする場所なら、お仏壇は感謝をする場所です。「一日の仕事を無事につとめさせていただき、ありがとう」「子供が産まれる縁に恵まれ、ありがとう」とご本尊様やご先祖様に今日一日の感謝をする場所がお仏壇なのです。

 
Q2

お仏壇いつ購入したら良いの

 
A

「お仏壇を買うと不幸が起こる」などの迷信がありますが、ご本尊様やご先祖様をうやまうのに不幸が起こることはありません。もしご縁をいただくならご法事・お彼岸・お盆・新築・改築の時に合わせて購入あるいは修復をすれば良いでしょう。ただし、突然の不幸があった場合はなるべく四十九日までに用意しましょう。そのためにも平常時にお仏壇を置いておくことが大切です。

 
Q3

お仏壇はどこに置いたら良いの

A

以下のことに気をつけて仏壇を配置しましょう。

 
配置場所
   
 
南面北座説

御本尊を南向きに安置し、北向きに礼拝する。北半球では南が明るい方向で「君子南面ス」という言葉があるように南に向かって座るのが上座とされています。従ってお仏壇を南向きに設けます。

 
 
西方浄土説

仏間を東向きに設け、西向きに合掌、御本尊を礼拝すると同時に西方浄土を拝む形をとります。

 
本山説

御本尊に向かって合掌するとともに、御本山を礼拝するように仏間を設けます。本山との位置関係で方向が変わります。

お部屋に合わせたレイアウト例
前のページに戻る

丸三仏壇のホームページへ