珠数について

珠数の持ち方

〜 京都珠数製造卸組合『京念珠のすべて』より 〜

珠数の持ち方は、宗派や儀式によって違いますが、長い珠数は、親珠から二十一顆(四天)を過ぎたところを左右の手で持って、ひねり、二輪にして左手に掛けるようにします。

天台宗

両手の人差し指と中指の間に珠数を掛け、手を合わせます。房は下に垂らします。
手に持つときは二輪にして、二つの親珠を左手の人差し指の上に置き、房を垂らして握るようにします。
略珠数のときには、左手の親指と他の四指の間、もしくは左手首に掛けて合掌します。

天台宗では丸い珠と平珠を用います。

    3. 房は下に垂らします。
1. 人差し指と中指の間にかけます。 2. そのまま手を合わせます。
     
  5. 房は外に垂らします。
4.手に持つときは二輪にし、親珠を上にします。
   

丸三仏壇のホームページへ