珠数について

珠数の持ち方

〜 京都珠数製造卸組合『京念珠のすべて』より 〜

珠数の持ち方は、宗派や儀式によって違いますが、長い珠数は、親珠から二十一顆(四天)を過ぎたところを左右の手で持って、ひねり、二輪にして左手に掛けるようにします。

真言宗

密教では、珠数をすり鳴らして音を立てます。昔、鳥羽僧正が修法の終わりを知らせる合図にしたことが、始まりのようです。 珠数をすることは、百八煩悩をすり砕き、百八菩薩の清浄な光明を磨き出すことだと思ってください。そう心掛けるようにと、『金剛頂瑜伽(ゆが)念珠経』に説かれています。

合掌のときは、四天のあるほうの親珠を右手の中指に掛け、もう片方の緒留を左手の中指に掛けて、房は手のひらの外に垂らします。

ただし、真言宗では流派によって、また師匠によって教え方が違います。高野山では、人差し指に掛けたりします。智積院では、房を手のひらの内に入れるときは自分のための行、房を外に出すときは他人のための行、としています。

持つときは二輪にして(二匝[そう]ともいいます)親指と四指の間に掛け、二つの親珠を親指で押さえるようにします。珠数を置くときには、三匝にします。

真言宗では、珠数を重要視しています。たとえば百八の数は、金剛界の百八尊。当然、親珠は大日如来の智慧を表わし、それを取り囲む四天は、宇宙を表現した曼荼羅の四方四仏(弥陀・宝生・阿閦[あしゅく]・釈迦)、あるいは普賢・観音・文殊・弥勒の四菩薩という解釈をします。

     
1. 数珠を両手の中指にかけます。 2. そのまま手を合わせます。 3. 自分のための行の時は手のひらの内に入れます。
     
     
4. そのまま房をつつむようにして合掌します。 5. 持つときは親玉を上にして、二輪にしてかけ 6. 房を握るようにします。
   

丸三仏壇のホームページへ