珠数について

珠数の持ち方

〜 京都珠数製造卸組合『京念珠のすべて』より 〜

珠数の持ち方は、宗派や儀式によって違いますが、長い珠数は、親珠から二十一顆(四天)を過ぎたところを左右の手で持って、ひねり、二輪にして左手に掛けるようにします。

日蓮宗

日蓮宗の珠数は、浄名のある親珠のほうに二十顆の記子、もう一つの親珠には三つの房があり、二本には五顆ずつの記子、もう一本には数取り用に十顆の記子がついています。四天は、末世に法華経を伝える四人の菩薩を意味し、四菩薩と呼んでいます。 日蓮宗では祈祷するとき、木剣と珠数を組み合わせたものを打ち鳴らします。したがって黒檀や紫檀といった堅くて丈夫な材質のものが選ばれます。

お題目をとなえるときや、回向するときには、数取りのための三房のほうを左の中指に掛け、ひねってから、二房のほうを右の中指に掛け、房は手の外側に垂らし、手を合わせます。
普段、合掌するときには二輪にして、左手の四指に掛けます。また、特に念を込めるときには、両手に掛けることもあります。房は下に垂らします。
普段、手に持つときは二輪にして、左手の親指と人差し指の間に持ちます。
     
1. 唱題や回向のときは三つに分かれている房の方を左手中指にかけ、ひとひねりしてから他方を右手中指にかけます。 2. 房を外に垂らし、そのまま手を合わせます。 3,合掌をするときは二輪にして左手にかけ、
房を下に垂らします。
 
   
   
   
 
   
4. 手に持つときも房を下に垂らします。

丸三仏壇のホームページへ