珠数について

珠数の持ち方

〜 京都珠数製造卸組合『京念珠のすべて』より 〜

珠数の持ち方は、宗派や儀式によって違いますが、長い珠数は、親珠から二十一顆(四天)を過ぎたところを左右の手で持って、ひねり、二輪にして左手に掛けるようにします。

浄土真宗

真宗では「煩悩を断ぜずして涅槃を得る」ことを旨としていますので、百八煩悩を擦り砕く必要がなく、珠数を擦ることはしません。また、念仏をとなえることは阿弥陀さまへの感謝であり、行とは考えませんので、数取りできないように「蓮如結び」という紐の結び方があります。

珠数は両方の親指と人差し指の間に掛けて合掌します。房は自然に下に垂らします。
     
1. お西では二輪のときは両手にかけ、房は下に垂らします。 2,お東は二輪を両手にかけ、房を左側に垂らします。 3. お西お東共、持つときは房を下にします。
 
     

丸三仏壇のホームページへ