珠数について

珠数について

 昔、お釈迦様が、国中に疫病が流行(はや)って困っていた波流離(はるり)国の王に「百八の木槵子(もくけんし)の実をつないで、いつも手にして心から三宝(仏・法・僧)の名を唱えなさい。そうすれば煩悩が消え、災いもなくなります。心身も楽になるでしょう」と語ったことが、『仏説木槵子(もくけんし)経』に説かれています。三宝の名とは「南無帰依仏(なむきえぶつ)、南無帰依法(なむきえほう)、南無帰依僧(なむきえそう)」と称えることです。木槵子(もくけんし)とは、羽子板の羽根の重しになっている木の実のことです。
 しかし、「過去無量恒河沙(ごうがしゃ)の諸仏の説くところ、一百八数を念珠の量となす」と記している経典がありますので、その起源は、お釈迦様よりも古いようです。
 お釈迦様の教えが経典となって、広く世間に流布するのは、お釈迦様が 涅槃(ねはん)に入られてから五百年ほど経ってからですが、その間に珠数も数の概念や、一つ一つの珠に意味づけがされ、経典にも説かれて、仏教の法具として欠くべからざるものになっていくのです。
 仏教が、中国から日本に伝来したとき、珠数も一緒に入ってきました。 正倉院には、聖徳太子さまが愛用されていた蜻蛉玉(とんぼめ)金剛子の玉数や、聖武天皇の遺品である水精(晶)と虎魄(こはく)の念珠二連が現存しています。すなわち、天平年間には珠数が伝えられていたことになります。それが仏具として僧侶以外の一般の人々にも親しまれるようになったのは、鎌倉時代以降のことです。

京都珠数製造卸組合「京念珠のすべて」より

丸三仏壇のホームページへ